2008年09月15日

放映してくれるのはありがたいですけど・・・

楽しみにしていた今日のトリプル世界戦。
テレビ東京が一昨日のウクライナでの木村登勇の挑戦を含めて3時間枠で放映してくれました。
ボクシング中継から撤退する局が多い中で、テレ東のこの姿勢は心から素晴らしいと思うのですが、それでも文句を言わずにはいられません。

あの構成はないよ・・・

今回のテレ東の中継は生ではなくて、1時間ほど遅れての中継でした。
実はこれはよくあるパターンで、生だとメインの試合が早い回でKOで終わったりしてしまうと時間をもてあますことになってしまい、結果として視聴率が悪くなってしまうので、こういう時間差中継を行うのです。
これなら、早い回のKOがあっても対応できますからね。

で、今日の3つの世界戦のなかで、私が最も楽しみにしていたのはやはりWBA世界ミニマム級タイトルマッチです。
安定王者の新井田がおそろしく強いとの評判のローマン・ゴンサレスを迎え撃つ一戦で、新井田が勝つなら小差の判定だろうと思っていまいたし、それを期待していました。
しかし、セミの西岡の試合と彼のインタビューが終わった時点ですでに9時10分。
時間延長を考えても、新井田の試合が判定までいったら放送時間ギリギリだなぁなんて思っていたら、そこからわけのわからない煽りのVTRやどうでもいい前座の試合をはさんで、試合開始はもう9時半近くになってしまいました。
これで、この試合はどう考えても判定までいかずにKO決着だったことが見えてしまいました。
そしてKO決着だったということは、まず間違いなく新井田の王座陥落です。
せっかくネット絶ちして楽しみにテレビ観戦していたのに

それはないでしょ、テレ東さん!!

これ、たぶん苦情が殺到するんじゃないかなぁ・・・
どう考えても、試合が判定までいっても放送時間内におさまるような時間に試合を中継すべきだし、今回はもうニュース等で結果がわかっているウクライナでの木村の試合を最後に放送して、時間の調整をすべきでした。
せっかくスゴイ試合を観たのに、なんか後味が悪いのは私だけ?
posted by エル99 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106621416

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。