2008年09月22日

社会保険庁は相変わらずふざけていますね

もう半月くらい前になるんでしょうか、我が社にもねんきん特別便の山が届きました。
これを社員に配れというわけですが、そういえば、だいぶ前に「配布・回収にご協力いただけますか?」なんて言われて、「協力する」なんて回答した気がします(汗)
面倒くさいものを引き受けちゃったなぁなんて後悔しながらも、それぞれの担当のマネージャに配布をお願いし、チームの規模が小さいところや休職中の社員にはそのままポストに入れて郵送しちゃいました。
それぞれのねんきん特別便の封筒には、「料金後納郵便」って書いてあったので・・・

ところが、今日なにげなく社会保険庁のサイトを覗いていたら、なんととんでもないことが書かれているではありませんか!!

http://www.sia.go.jp/top/kaikaku/kiroku/tokubetsubin/jigyonushisama.html

(以下、転載)
「ねんきん特別便」は従業員の皆様へ直接配付をお願いします。
やむを得ず、郵便で配付していただく場合には必ず封筒に切手を貼ってください。
切手を貼らずにポストに投函された場合には、郵便料金が従業員の皆様の負担となりますのでご注意ください。
(転載ここまで)

ハァ???

郵便料金が従業員の皆様の負担となります???

なに寝言言ってんの?

↑最近、このフレーズばっかりですね(笑)
話を戻しますが、アンタらがいいかげんなことをしていたから、ねんきん特別便なんて馬鹿なことをやって、こっちもめんどくさいのをガマンして協力してやってんでしょうが!!
ホント、どの面下げて、こんなふざけたことをヌケヌケと言ってるんでしょうかね??むかっ(怒り)むかっ(怒り)むかっ(怒り)

やっぱり、この組織はダメですね・・・

社会保険事務所に行くと、事務所の窓口で職員を罵倒している人をたまに見かけますが、これはかわいそうです。
諸悪の根源なのは社会保険庁の幹部連中ですから、最前線でクレーム対応している彼らはある意味被害者だと思うのです。
やっぱり、諸悪の根源の幹部連中にきちんと責任をとってほしいですね。
そういえば、先日最高裁の横尾和子判事が依願退官しましたけど、この人は元社会保険庁長官だから、この騒動の責任をとって(っていうよりも自分のところに火の粉が降りかかる前に)依願退官したんですかね?
もちろん、もしこの人も諸悪の根源のうちの1人であるのなら、この程度で責任をとったということでは済ませてもらいたくないですし、色々なところでもらっているであろう退職金も全額返還してもらいたい(というか返還すべき!)ところですが・・・

posted by エル99 at 17:41| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

社会保険庁ホームページ
Excerpt: PUNK社労士の夢日記~Vo.99~【標準報酬月額の改ざん】2008/9/24社会保険庁と会社ぐるみでの「厚生年金の標準報酬月額改ざん」が問題になっています...
Weblog: 自動車保険、健康保険、社会保険、介護保険、生命保険、国民健康保険、失業保険など保険情報サイト!!
Tracked: 2008-09-24 13:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。