2009年10月11日

4大タイトルマッチを観てきました

今日は楽しみにしていたボクシング観戦の日。
西岡とリナレスの両王者の防衛戦(WBC世界スーパーバンタム級、WBA世界スーパーフェザー級)に東洋フェザー級と日本スーパーフェザー級戦が加わったものすごい興行で、チケットは発売2日で完売。
このプラチナチケットを手に入れていた私は鼻高々だったわけです(笑)

しかし、実際の試合は、期待の割には肩透かしをくったような感じでした。
でも、これがボクシングというもの。
なかなか予想通りにはいかないから、逆に魅力があるのだともいえます。
それにしても驚いたのが、リナレスの1RでのKO負け。
正直最初のリナレスのダウンは、私の席からは死角だったので、スリップしたのかと思いました。
映像をみるとたしかにテンプルにもらっているのですが、あんなパンチが効いたんですねぇ。。。
あのリナレスが負けるなんて本当に信じられません。

また、もう一人の主役の西岡チャンプは、挑戦者よりも1枚も2枚も上手でした。
この試合も挑戦者が3Rで棄権してしまったので、最初は何が起こったのかわからず、消化不良な感じだったのですが、いつのまにか西岡の左が挑戦者の顎骨を割ってしまっていたのですね。
そう言われると納得ではあるのですが、それでもやっぱりもっと見たかったというのが正直なところです。
だって世界戦2試合でわずか4ラウンドですからね(苦笑)
西岡選手がさらに強くなっていくのは嬉しいんですけど。

今日一番盛り上がったのは細野VS榎の東洋フェザー級戦。
意地と意地のぶつかり合いという感じで、とにかくすごい試合で感動しました。
勝った細野チャンプですが、あの榎選手に勝ったのは素晴らしいですけどあれだけ打たせちゃうと、この先のことを考えるとちょっと心配ではあります。
榎選手はこれでたぶん引退かな・・・
長い間お疲れ様でした。
ちなみに日本スーパーフェザー級戦はかなりイマイチでしたので省略(爆)

【簿記論累計勉強時間…65.5時間】
posted by エル99 at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129997685

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。