2006年08月30日

WISH

いま、日曜日にみれなかったビデオを見終わりました。
アレンジャー(編曲家)として有名な井上鑑(いのうえあきら)さんの特集です。
この番組で、先日のブログでも紹介した本田美奈子さんのために作った幻の曲のレコーディングの様子などをやっていたわけです。
他にも井上さんについていろいろやっていたから、この幻の曲についてやっていたのは全部合わせても10分足らずでしたが、それでもすごく感動しました。

その曲のタイトルが

『WISH』

です。
タイトルは私もいま初めて知りました。
これは、本田美奈子さんが病床で井上さんに曲を作ってほしいとお願いして、井上さんが美奈子さんが復帰したときのために書き下ろした曲です。
いままでの美奈子さんの追悼番組でも触れていましたが、井上さんが美奈子さんにこの曲のテープを渡したときは大喜びし、その後、福山雅治さんたちが詞を「ラララ」で歌って収録したDVDを渡されたときは美奈子さんは嬉しくて大泣きされたそうです。
なぜ、福山さんなのかというと、井上さんが福山さんのコンサートのバンドのメンバーとして同行していたからで、そのときに、美奈子さんのために収録したいとお願いしたらバンドの皆さんは快諾してくれたそうなのです。
追悼番組で、福山さんが「ラララ」でこの曲を歌っているのを見ましたが、私も自然と涙が出てきてしまったのを覚えています。

それで、その曲に詞をつけて、いよいよ世にでてくるわけです。
いま見たばかりの番組によれば、美奈子さんが病床で書き記した詞をライターの人がまとめて、この曲の詞にしたようです。
もちろん作曲・編曲は井上鑑さんになります。
福山さんがそれを歌っているのを見て(聴いて)、また泣けてしまいました。
最近、ホントに涙もろいんですよね。
でも、この歌に美奈子さんの写真とかを入れて放送されたら、美奈子ファンはみんな泣いちゃいますって!!
それにしても、その写真の美奈子さん可愛すぎでした。
おそらく35歳前後のころの写真だと思いますけど、別にカメラマンが工夫をして撮った写真じゃないはずなのに、ありえない可愛さです。
世の35歳前後の女性の方々を敵に回す発言かもしれませんが、

あんな可愛い35歳、絶対にいないよ!!

と言いたくなるほどの写真でした。
まぁ写真も良かったんですけど、それにあのメロディーで歌われたら、もうたまらないです。
福山さんがボーカルで歌っているシーンがサビの部分だけ約1分流れましたけど、もう最高ですね。

サビはこんな詞でした。

時がきっと愛おしくなる
あたりまえに来る朝も
光る海も 雨の街も
あたりまえのことなのに かけがえのない日々
ただ抱きしめて
いまそこにあるその幸せを

そのあと福山さんと井上さんがこんなことを言っていました。

福山:(この曲は)まず、音域が広いんですよ。
井上:それは美奈子さんのために作ったから、わざとなんですよね。ソプラノヴォイスの高い音域を使おうと思って作ったんです。
福山:まぁたしかにそこに本田美奈子さんがいらっしゃる感じだと思うんですよ。
井上:なぜこの曲ができたのかというのが、忘れられても残る曲に育つといいなと思うし、それがさらに他の人の耳だけじゃなくてみんなが歌うことができる曲っていう発想がどこかにあるのでソロになって出てほしいなと僕は思います。

福山さんがボーカルなのですが、どうやら

井上鑑&M.I.H.Band

というアーティスト名で、この幻の名曲

『WISH』

を世に送り出してくれるそうです(11月発売予定)。
ものすごく楽しみです。
もう少し先の話になりますけど、みなさんもぜひ聴いてみてくださいね。

今日は感謝の意を表すために、すべて福山「さん」と敬称をつけて書きました。
もともと私は美奈子さんに関係なく、福山さんは男性アーティストの中では非常に好きなアーティストなんですけどね。

posted by エル99 at 01:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 本田美奈子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
井上さんのコメント、聞こえたとおりにそのまま書いたのですが、どう考えても文脈がおかしいなと思ってもう一度ビデオを見たら、私の単なる聞き間違いでした。
下記のように訂正させていただきます。
たいへん申し訳ありませんでした。

(誤)
なぜこの曲ができたのかというのが、忘れられても残る曲に育つといいなと思うし、それがさらに他の人の耳だけじゃなくてみんなが歌うことができる曲っていう発想がどこかにあるので『ソロになって出てほしいな』と僕は思います。

(正)
なぜこの曲ができたのかというのが、忘れられても残る曲に育つといいなと思うし、それがさらに他の人の耳だけじゃなくてみんなが歌うことができる曲っていう発想がどこかにあるので『そうなっていってほしいな』と僕は思います。

Posted by エル99 at 2006年08月30日 22:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。