2007年10月01日

相撲界はヤ○ザですか?

時津風部屋の若手力士が「リンチ」で殺された事件。
ホントに信じられない事件ですね。
これはもう「殺人」で起訴しなければおかしいと思います。
どう考えても「未必の殺意」が認定されますよね?
親方が自らビール瓶で殴るなんて、世間一般の感覚からしてホントありえないです。
これが指導といえるんでしょうか?
こういうのがまかりとおっている相撲界なんて解散してしまえばいいのにって本気で思います。

さらに1985年以降死亡した現役力士は15人以上いるのですが、ほとんどが若手力士(うち10代が7人!!)だというデータも見ました。
死因も心不全とかばっかりで、これは普通に考えれば、相撲界では同じようなことが昔からあって、たまたま今回発覚したということになりますよね。
今回だって勝手に火葬してしまおうとしていたみたいですし、首尾よくそのようにいっていればまたしても真相は闇の中へ葬られていたわけです。
死亡した若手力士の中には北の湖部屋の力士もいたみたいですし、そんな北の湖が理事長を務める相撲協会に自浄能力があるとはとても思えません。

警察には、それこそ相撲協会を潰してもいいくらいの覚悟で、相撲界の闇を徹底究明していただきたいと思います!!

今日も受験生日記とはまったくかけ離れた内容でスミマセンm(__)m
posted by エル99 at 13:02| Comment(2) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この暴行事件、氷山の一角かも知れませんね。
これをきっかけにして一斉に調べてみる必要があると思います。
Posted by toshiki at 2007年10月01日 16:13
toshikiさん、コメントありがとうございます。
まさにそのとおりだと思います。
10代力士がこんなに心不全で亡くなるか?って考えたら怪しすぎますよね。
心証は限りなくクロに近いです。
警察が威信をかけて徹底的に調べてくれれば、ひょっとしたら大相撲廃止なんてこともありえなくはないくらいの大事件に発展するかもしれませんね。
Posted by エル99 at 2007年10月05日 12:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

名門、時津風が消える日。
Excerpt: 昭和の大横綱「双葉山」が創設したと言われる「時津風部屋」が風前の灯火となっているが、これはひとつの相撲部屋だけの問題ではなく、日本相撲界全体の威信と名誉が大きく崩れ去る前兆といえる。 朝青龍の不祥事..
Weblog: プールサイドの人魚姫
Tracked: 2007-10-01 16:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。