2010年12月04日

日記ライター忘年会

私は社労士の受験生時代に日記ライターなるものをやっておりまして、今日はその忘年会でした。
&(というよりこっちのほうがメインなのですが)ライター仲間が2人今年合格されてそのお祝いも♪
ホントに合格おめでとうございます(*^o^*)
さて私の簿記論の結果もあと1週間ちょっとで出ますが、果たしてどうなることやら…(^^;)
いつもライター仲間と会うとやる気をいただきますので、財表も少し気合いをいれなきゃなぁなんて思いました。
でも簿記論はもうやりたくありません(爆)

やる気云々言っているくせに、明日は私にとって外すことのできない一大イベントの早明戦(ラグビー)!!
明日は(も?)勉強じゃなくて応援のほうに気合いを入れたいと思います(爆)

【財務諸表論累計勉強時間…105時間】
posted by エル99 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

社労士勉強会(のち財務諸表論)

今日は社労士の受験生時代にお世話になった井上先生主催の勉強会に参加してきました。
今回のメインテーマはADRで、実務に精通した先生にお話をしていただきました。
が、声が小さすぎてボソボソ何を言ってるのかよくわからん!!
内容が良くてもあれではセミナーの講師としては×だよなぁと思い、記名式のアンケートにもかかわらず、けっこう書きたい放題書いてきました(笑)
でもまぁ久しぶりの社労士関連の勉強?は楽しかったです。

で、その後夜は祝日なんて関係なく木曜日なので財務諸表論の講義に出席してきました。
ほとんど勉強できていないけど、まだこの時期は簡単なのでけっこう余裕です。
いつまでこの余裕は続くんでしょうか?(笑)
まぁ簡単とはいえ、社労士勉強会からそのまま財務諸表論受講だったのでかなり疲れました(T_T)
早く帰って寝よっと♪

【財務諸表論累計勉強時間…30時間】
posted by エル99 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

社労士合格ラインについて思うこと

私なんかはあれこれ偉そうなことを言える立場ではないですが、まぁ個人のブログだし、とりあえず思うことを書いてみますと、

救済なんか無くせばいいのに…

の一言につきますね。
救済なんて変なシステム?があるから、「なんで厚年が救済?」とか「なんで労一が救済でないのか?」など不公平感が出てくるのであって、そもそも救済がなければ労一が2点で不合格になった人も仕方がないと諦めもつくわけです。
救済を廃止するなら、当然のことながら問題もマトモなものにしないと駄目なわけで、理想はやっぱり平成19年の選択式でしょうかね。
あんな問題でも基準点に満たない人はたくさんいるわけで、選択式でふるいにかける役目は充分に果たせると思うのですが・・・
何事においてもいえるのですが、不公平感が出てしまう仕組みはやっぱり良くないですね・・・

【簿記論累計勉強時間…110時間】
posted by エル99 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

社労士試験合格発表

今日は、社労士試験の合格発表日でした。
私が合格してからもう1年も経つんですね、時の流れはホント速いです…

合格ラインは皆さんご存知のとおり、選択は25点以上で健保1点救済&厚年・国年2点救済、択一は救済無しの48点以上でした。
これは正直ビックリですね。
この合格基準には色々思うこともあるのですが、それを言ってもどうしようもありません。
こういう試験なのですから…
なにはともあれ、合格した皆様、おめでとうございましたわーい(嬉しい顔)

今回の結果でわかったことは、確実な合格ラインというのはやっぱり

「基準点未達無しの選択28点以上&択一49点以上」

だということです。
井上先生の有名なお言葉「合格を運に任せない」というのは、「適当に解答するのではなく、考えに考え抜いてこれが自分の答えだと自信をもって解答する」ということなのですが、さらに「その結果上記の基準まで得点をもっていく」ところまで必要なんだなと改めて思いました。

しかし、今回は選択クリアして択一47点の人も不合格になってしまったんですねがく〜(落胆した顔)
厳しい試験です…
posted by エル99 at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

社労士本試験択一式も解いてみました♪

一昨日から、昼休みやら仕事時間の合間やら業務終了後などを利用して、ようやく今年の社労士本試験択一式の問題を一通り解き終えました。
「仕事時間の合間」というのがほとんどな気もしますが(爆)
まぁ、それはさておき、採点してビックリ、結果は、

9(7・2)、7(6・1)、8(6・2)、8(3・5)、5、5、9、=計51点

でした。

ちょ、ちょっと・・・

私ってスゴくないですか?(爆)

かなり自慢になってしまいましたが、私の予想は5割=35点くらいかなと思っていたので、このくらいの自慢は見逃してやってください(笑)
そういえば、あの優秀なゆうパパ氏も「いくらエル99さんでも、今回は40点も厳しいでしょ〜」なんて言ってたような気がしますけど、

フフン、おそれいったか♪♪♪

「まいりました」のコメント、お待ちしております(爆)
それにしても、安衛法なんて、あれだけ勉強したのにもかかわらず2年間で合計1点だけだったのに、今回は2点もゲット♪
この

無駄な運

が少しでも平成18年にあれば、一発合格だったのになぁ(爆)

さて、ここからは真面目に気持ちを切り替えて、と。。。
今年は、当たり前ですが、同じ高得点でも昨年とは内容がまったく違いました。
現役の受験生だった昨年は、解き終わったあと、一般常識以外のすべての科目で「出来た!」という手応えがありました。
ですから、自己採点をしていて一般常識で4つ目の○がついたときに、他の科目の採点をせずとも合格を確信できたくらいだったのです。
ところが、今年は違います。
手応えがあったのは労働基準法のみで、あとは本当にぜんぜんわからず、他の科目はすべて基準点割れするのではないかと思ったくらいでした。
労働基準法だけはちょびっとですが勉強していましたので、だからこれだけは手応えがあったということなんですね。
つまり、他の科目については間違いなく実力は落ちています。
勉強していないからこう感じるのは当たり前なんですけどね。

しかし、そうはいっても結果は基準点割れする科目もなく、そこそこの高得点。
いったいなぜなんでしょう?
それはたぶん、五肢択一だから点がとれたんじゃないかなぁと思います。
ひとつひとつの肢は正誤判断ははっきりつかないのですが、5つの中から1つを選べとなると、「なんとなくだけどたぶんこれなんじゃないかな」って思えるのです。
そう思える拠り所となっているのは、昨年勉強したおぼろげな記憶。
受験生が試験に合格するためだけならこれでいいんですけど、一般的にはこれでは正直よろしくないですね。
点はとれるけれど、実はわかっていないという状態。
でもまぁ別に、私は年金に特化した社労士になるつもりもないから年金科目なんかは最低限の知識でいいんですけど(←自己正当化。笑)、私の今後の業務を考えれば、少なくとも労働基準法だけは今のレベルをキープしなくてはならないな(欲をいえば、今以上にレベルアップしたい)などと思いました。

一応、私の詳細成績です。

労安…○○○○○○○○○×
災徴…○○○○×○○○××
雇徴…○○×○○○○○×○
一般…○○××○○○○○○
健保…○××××○○○○×
厚年…×○○×××○○×○
国年…○×○○○○○○○○

IDEとかで詳細解説がアップされたら、一応もう一度目を通してみます。
偶然当たっていた問題がどれくらいあるのかを確認するために(笑)
posted by エル99 at 18:33| Comment(3) | TrackBack(0) | 社労士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

今年の社労士本試験選択式問題を解いてみました

日曜日のバスケで、想像以上の代償を負いました。
・右手薬指の突き指 ⇒ 右拳が握れないもうやだ〜(悲しい顔)
・右足親指の打撲? ⇒ 歩くと痛いもうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)
・左太もも超筋肉痛 ⇒ 階段を降りるのが辛いもうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)
おまけに2週間前と違って、シュートはぜんぜん入らない〜もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)
収穫は、バスケ後の飲み会でビールが美味かったことだけでした(爆)
でも、久しぶりに会った連中も多くて、やっぱりなんだかんだいっても楽しかったですねわーい(嬉しい顔)

さて、社労士の本試験ですが、昨年と違って難しかったみたいですね。
私も2日遅れですが、選択式問題を解いてみました。
結果は、

5、5、4、5、2、4、3、4、=計32点

でした。
社一で基準点割れしましたので不合格ですが(笑)、思ったよりもだいぶ良い成績だったので自分でもビックリです(^^;)
科目毎にちょっと感想なんぞを書いてみたいと思います。

まず労働基準法・安全衛生法。
労基のA・B・Cは1年間ブランクがある私でも問題なく入りました。
安衛のDも、4つの候補のうちからなんとなくですが選択できました。
Eは国語の問題のような感じで考え、「事業者が講ずる措置を、労働者が【E】して健康の保持増進に努める」という文に最もフィットする語句を入れたら当たりました(笑)

労災保険法。
Aは因果関係がすぐ思いついたので、それに似た語句を選択してOK。
Bは過労死ですから、それと関係ある病気名を選択すればOK。肺がんと労災は関係あるかもしれないですけど、肺がんと過労死はまちがっても関係ないです(笑)
Cはその脳血管疾患が過労死=労災と「認定される基準」だから、これも問題なく入ります。
Dはわからないですけど、語群のなかからは「心理的負荷」しか選ぶものがありません。
Eは、Cで基準を使ったからEは指針なんだなとあたりをつけ、「判断指針」を選択。
Cが間違いなく「認定基準」だからEについてはこのような発想になりますが、もし私が本試験会場でこの問題を解いていたらビビッて両方に「認定基準」を入れたかも?(笑)

雇用保険法。
法改正項目ですけど、この程度のことはいくら私でも知ってますよ〜(笑)
全部簡単♪とか思っていたら、Cを改正前のまま解答して間違えました(爆)

労働一般。
Aは「民間主要企業よりも範囲が広い」わけですから、中小企業、零細企業は入りません。
だって、そうしたら民間主要企業は入らなくなってしまいますから。
民間主要企業+中小企業なら意は通るんですけどね。
で、規模10人以上か100人以上になるわけですけど、さすがに規模10人以上を対象にしたら調査がめちゃめちゃたいへんだろうと思って規模100人以上にしてみたところ、正解でした♪
Bもよくわかりませんが、審議会が労働局長に「指示」したらおかしいですし、「報告」や「伝達」にしても、わざわざ「〜することができる」と定めるほどのことか?と思って、消去法で「建議する」を選んだら、これも正解♪
プレッシャーがないからこんな風に考えられるんでしょうけど、なんか調子がいい(笑)
Cは簡単、「無効」以外入り得ないです。
Dも、「最低賃金以上の定めをしたものとみなす」とか「最低賃金を超える定めをしたものとみなす」だと、いったいじゃあいくらなの?となってしまいますから、「と同様の」しかこれも入り得ない。
合格する人はCとDは絶対に落とさないんじゃないかなぁって思います。
Eは、そんなの知りません(爆)
最低賃金法に違反している会社ってどれくらいあるんだろう?
私の感覚では25.4%はありえないので、0.6%か6.4%のどちらかしかないのですが、0.6%は少なすぎかなと思って、6.4%を選択したらまたまた正解♪
選択肢に3%くらいの数字があったら、きっと完璧に引っかかったでしょう。
そういう選択肢がないのは、出題者の温情だったのかもしれませんね。

社会一般。
はっきりいってぜんぜんわかりません。
こんなの昨年は学習しなかったよ〜(T_T)
でも、とりあえず解いてみることに。
Aは「○○健康審査」という語句が入るっぽい。
4つの候補の中から、なんとなく正しそうな「特定健康診査」を選択してみたら、なんと正解♪
完全に運です(笑)
Bは、「糖尿病その他の政令で定める【B】」ですから、糖尿病もBの一種ということになります。
したがってBは生活習慣病ではないかなぁと思ったら、これは読みどおり正解でした。
Cもわかりません。
昔、なにかで「きょうそうしん(健康教育・健康相談・健康診査)」と語呂を覚えていたのを思い出し、1/2の確率と思い「健康教育」を選択したら、けっきょくどちらもハズレでした(笑)
Dもわからないし考えるヒントもないので、勘で「3」年にしたらこれもハズレ、Eは「高齢者」という言葉に反応して「65」歳にしたらこれもハズレでした。
で、これってメタボ健診のことだったんですね。
普通に考えればわかりそうなものなのに、なぜか問題を解いているときは思いが及びませんでした。
そうすれば「5」年は無理でも、「40」歳は解答できたはずなのに・・・
そういえば、私はまだ40歳はギリギリ手前なのですが、5月に受診した健康診断のあと、特定保健指導を1時間後にやるから受けてくださいと言われたのに、「時間がないから」といってバックレたのを思い出しました(笑)
40歳前でも、健康保険組合によってはやるところもあるのかな?
いずれにしても、メタボ健診だと気づけばCも埋められた気がします。
私が現役の受験生だったなら全部埋められたに違いない!と強がっておくことにします(笑)

それから、健康保険法。
これがみんな出来なかったみたいですね。
もちろん私もE以外はすぐにわかりませんでしたけれど、とりあえずチャレンジ♪
まずAですが、これは「基本調整保険料率×【A】=調整保険料率」ですから、言葉としていちばんシックリくるのはやはり「修正率」でした。
だって、「基本」調整保険料率があって、それになにを乗じて調整保険料率を出すのかといったら、やっぱり「微調整するもの」って感じになるじゃないですか。
そうすると選択肢のなかで候補になるのは「修正率」しかない気がします。
そんな解法でいいのか?という気もしますし、わかっていて確実に解答するのが当然のことながらベストなのですが、昨年みたいにラッキーな年ばかりではありません。
ですから、選択式で答えがわからない問題だったらこんな感じで考えていくしかないと思いますし、それが井上先生の「選択式マスター講座」で私が学んだことのひとつです。
そんなわけで、このAの空欄はもちろん知らなかったですけど、合ってるのではないかという気はけっこうしました。
もちろんこれが本番だったらドキドキものですけどね(笑)
Bは、基本調整保険料率を定める人ですが、こういうのを定めるのはだいたい厚生労働大臣か社保庁長官です。
そして、健康保険では政管健保と健保組合の2つがあるので、基本的には社保庁長官ではなく厚生労働大臣ですから、ここも厚生労働大臣。
読みどおり正解でした。
Cもよくわからん・・・
まぁ保険料(つまり収入)の多いところと少ないところで修正率で調整するんだなということは予想できましたが、語群には「保険料総額」やら「所要保険料額」やら、候補になりそうなものがいろいろと並んでいます。
ここで、また国語の問題になってしまうのですが、「保険料額」みたいな言葉だったら、「全健康保険組合の平均の保険料額」なんて言い方にどうも少し引っかかってしまうのです。
「全健康保険組合の保険料額の平均」といったほうが自然ですし、わざわざ不自然な言い方をするかなと思い、語群を見てみると「見込所要保険料率」というのがありました。
これなら日本語に違和感を覚えませんし、他にも候補がなかったので、これを選択。
いろいろ能書きを並べてみましたが、これはまったく自信がありませんでしたが、たまたま正解。
勘で選ぶよりはマシだった、っていたところでしょうか。
Dは、大臣の下だから地方厚生局長と安直に考えてハズレ。
答えをみれば、なるほど、健康保険組合連合会も大臣の下ですもんね(^^;)
Eは1年前に勉強した記憶の欠片がまだ脳みそに残っていました。
欠片というよりも、まるまる頭に残っていたって感じです(笑)
確認していないですけど、たぶん過去問でこんな感じの枝があったんじゃないかな。
だから、これは「一般保険料率」で間違いなし。
Eのちょっと前に、一般保険料率という語句が書かれているからEには一般保険料率は入らないと思わせようとする出題者のいやらしい意図が透けてみえて鬱陶しいです(笑)
でも分かっていないと、たしかに出題者の策略に引っかかってしまいますね。
Dの前にも「厚生労働大臣の定める範囲内で」と書かれているから、Bは厚生労働大臣は入らないんじゃないかと一瞬思いましたが、Eの抜き方を見て、Bが厚生労働大臣でも不思議ではないと思いました。
そんなわけで、今年一番難しかったらしい健康保険法で4点。
私ってすごいんじゃないの?
スミマセン、調子に乗りすぎました(爆)

厚生年金保険法。
ん、パッと見、これもよくわからん。
合格後は、労働法のほうに興味をもっていたから、社会保険はよくわからんとイイワケをしつつ(爆)、問題を読んでいきました。
Aは「保険料その他【A】を徴収し又は還付を受ける」ですから、徴収されるものであることがわかります。
「徴収金」を徴収するというのは、馬から落馬するのと同じで日本語として変ですから、「賦課金」を選択しましたが、なんとハズレ。
「徴収金」が正解だったみたいです。
ここでは国語作戦が失敗でした(^^;)
Bもわかりません。
こんなカッコ書きあったっけ?と思ってたら、これも社会保険庁のずさんな管理に伴う法改正事項なんですね。
そうとも知らず、保険給付って、当然年金給付の他に障害手当金もあってこれも時効5年だったよなぁなんて思い出して、障害手当金は一時金だからということでとりあえず一時金の文字が入っている「支払期月ごとに又は一時金」を選択。
一応、後ろのほうのBの空欄にいれても意味がつながるし。
でも、これこそ、まったく見当違いのことを考えていたのに答えがたまたま偶然合っていたという問題でした(^^;)
Cは、文脈から、未支給の保険給付かなと思って語群をみたら、そのままの語句がありましたので、それを選択。
完全に自信があったわけではありませんが、正解でした。
これ、「厚生年金保険法第37条の規定により」ですぐに「未支給の年金給付」が導き出せればすごかったのですが、残念ながらそこまで覚えていませんでした。
労働基準法なんかは、条文番号と内容がほぼ一致するのですが、年金関係は私はサッパリですね・・・
Dについては、社保庁のずさんな管理によるゴタゴタのことばかり頭にあったので、「受給資格の確認」を選択してハズレ。
普通に読めばそりゃあ「裁定」でしょうって思うんですが、この問題文を読んでいると「受給資格の確認」に思えてくるから不思議です。
この問題を作った人は、そこまで受験生の心理を読んで作ったとすれば恐ろしい人です(笑)
Eは難なく「消滅時効の完成」。
これは問題ないでしょう。

最後に国民年金法。
これは簡単です。
選択式対策として1年前に勉強したことをほとんど覚えていました。
ただ、Dだけが入らなくて間違えてしまい、昨年の私のテキストを見てみたら、いろいろな語句にマーカーが引いてあるのにもかかわらず、「納付金の納付」にはマーカーが引いていませんでした。
そんな箇所を抜くなよ!!っていいたいですね(笑)
だって、私はその次の条文(第77条)の「運用職員」「慎重かつ細心の」「全力を挙げて」なんてところまで押さえていて、かつ、今でもそれを覚えているのに、「納付金の納付」なんてそれよりマイナーな語句でしょうに(爆)

ということで、ブログ始まって以来(←たぶん)の長文になってしまいました。
私はのほほんとしながら問題を解きましたので、本試験会場の緊迫した雰囲気の中で受験された方とはぜんぜん状況が違うということを承知で申し上げますが、今年の選択式の問題は、レベルとしては昨年に比べたら雲泥の差で難しかったと思いますが、きちんと勉強していたら出来なくはないレベルだとは思います。
平成18年の社一みたいに問題自体が崩壊しているわけではありませんし。
健康保険法はおそらく救済がかかると思いますが、2点はとれる問題ではないでしょうか。

まぁなんにせよ、受験生のみなさん、本試験お疲れ様でした。
しばらくゆっくり休んでくださいね♪
私は仕事中で時間があるときに(爆)、少しずつ択一式の問題にチャレンジしてみたいと思います。
きっと、選択式と同様、法改正事項のところがダメなんだろうなぁ・・・
一応、ひととおりサラッと勉強した「つもり」だったんですけどね、やっぱり意識が低かったんでしょうね(>_<)
posted by エル99 at 18:04| Comment(2) | TrackBack(3) | 社労士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

反論

今日は、当然星野ジャパンについて書きたいところ(書きたいこと満載ですよね〜むかっ(怒り))なのですが、それは後回し。

なぜなら、私が昨年までいろいろな想いを綴っていた社労士サイトの受験生日記で、とある方の日記にどうやら私の8/15の記事を批判していると思われるような記述があったからです。
人の意見は人それぞれですし、自分への批判にムキになって反論するといわゆる「炎上」状態を招くことにもなりかねませんので、スルーするのが賢いと思うのですが、この記事は私の考えの根本的なところからきていることなのであえて反論しておきます。
(試験直前ですから、その日記を書かれた方はすぐに見てくださらないかもしれませんが)

けっこう単純なことなんですよ。
私は、やるべきこともやらずに、結果だけを求める人間は基本的に好きではないのです。
っていうか、私にかぎらず、ほとんどの人がそうだと思うんですけど。

ここまでやるべきことをやらずして楽をしてきた人間が、たったの1週間頑張ったって結果が出るわけがないし、それはムシが良すぎるというもの。

これにつきますね。
別に1週間の努力が無駄というわけではないのです。
ただ、この試験に合格したいなら、1年間継続して勉強しなくてはいけません。
これは、いうまでもなく辛く苦しいことです。
でもよほどの天才を除き、これは必要なことなんです。
以前からよく登場いただいているひよこ塾の才女殿も、たしかにテキストは新品同様でしたが、彼女だって彼女なりにいろいろ1年間頑張ったんだと思いますよ。
もちろん、少しのことで他の人の倍以上のことを吸収できる脳みそがあったのは間違いないですけど(笑)
で、話を戻して(笑)、その1年間の勉強ができないのに、たった1週間頑張っただけで合格したいなんて、私にはムシが良すぎるとしか言いようがありません。
きちんと勉強してきた方にとっては、正直面白くないでしょう。
それでも、社労士試験はマークシートですから、はっきりいって「運」の要素はあります。
だから、そういった人でも合格の可能性はなくはないでしょう。
しかし、私はもしそれで合格した人がいても、そういう人のことは認めたくありません。
私に認められたからといってどうということもないですけど(爆)

逆に、っていうかもちろん、ここまで一生懸命努力してきた人はぜひとも合格してほしいです。
ここまでやるべきことをきちんとやってきた方の、直前の1週間というのは、ものすごい意味があると思います。
個人的には新しい知識を身につけるというよりは、苦手な箇所を再度チェックして精神的に安定すること、そしてなによりも体調管理、これが重要だと思いますけど。
とにかく、努力してきた方はホント応援しています。
ぜひ、良い結果が出ることをお祈りしています。

で、その人が努力してきたかどうかなんて結局は自分自身しか分からないじゃないですか。
だから、受験生は、それぞれ自分自身に問いかけてみてほしいです。
「私は、この1年間やるべきことをきちんとやっただろうか?」と。
YESの方は、合格する資格が充分にありますから、あとわずか、精一杯頑張ってほしいです。
NOの方は、キツイ言い方になりますが、合格する資格がないんだから、ムシのいいことを考えないで潔く来年を目指しなさいということで、8/15の記事になるわけです(笑)
じゃあ、NOの方が直前1週間にした努力(勉強)は無駄なのか?と言われたら、答えは「無駄ではない」となるでしょうね。
まさに、その方が仰るように、どんなことささいなことでも一生懸命やることには意味がありますから。
でも、それを今年の試験の合格に効果があるのか?という質問に置き換えたら、私は「効果はない」とハッキリ言います。
もちろん直前にみた条文が選択式で出題されたら「効果はあった」ことになるのですが、私が言わんとしていることはそういうことではないというのは、お分かりいただけますでしょうか。

文才がないようで、どうもいかん。。。(汗)
それから、反論していたらけっこう熱くなって、久々の長文になってしまいました(笑)
まだまだ私も精神的にお子ちゃまですな(爆)

posted by エル99 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

もうすぐ社労士試験ですね

いつのまにか今年の社労士本試験まであと10日を切っていました。
思えば、昨年の今ごろは必死になって勉強していました。
あれからもう1年経つんですね〜
時の流れは早いものです(^_^;)
私が今年受験生だったら、果たして星野ジャパン観ていたのかなぁ???
本試験前1週間は年休をとるから、昼間がっつり勉強して、星野ジャパンの試合だけはきっと観ているような気がします(笑)
中学生のとき、赤井英和が世界挑戦してテレビの生中継があったのですが、中間テストの真っ最中だったので、心を鬼にして勉強したことがありました。
その試合、赤井は負けたんですが、これを観なかったことを私は今でも悔やんでいます。
それ以来、私は「どうしても観たいものはガマンしないで観るべきだ」という考えになりました。
もちろん、やるべきことをやらずして欲望だけを満たすなんていうのは愚の骨頂ですから、履き違えないようにしてくださいね。

で、今年の本試験、私もあとで全問解いてみるつもりでいます。
一応本試験前1週間でテキストを一通り流し読みくらいはしようかと思っていたのですが、最近私も所定労働時間内だけはそこそこ仕事が増えてきたので、ちょっとテキストまで読んでいるヒマがありません。
相変わらず残業はほとんどないのですが、夜は星野ジャパンがありますし(爆)
というワケで、ほとんど裸の状態で問題を解いてみることになりそうです。
1年でどれだけ点数が落ちるのか、怖いものみたさって感じですね〜(爆×3)
でも今日GoukakuClubの問題(ヤマ当て労働基準法)をやってみたら5つの空欄を全部埋められちゃった♪♪♪

とプチ自慢したところで、そろそろ今日の記事はおしまいです(笑)
受験生の皆さん、もう一息です、頑張ってくださいね〜
自分が今まで真面目に努力してきたかどうかは皆さん自身が一番わかっていると思います。
一生懸命やってきた努力はきっと報われますから、自信を持って試験に臨んでくださいね。
応援しています。
今まで努力してこなかった人、もう手遅れです。
あと1週間頑張ったくらいでなんとかなるような、そんな甘い試験ではありません。
今年は潔く諦めましょう(笑)
posted by エル99 at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

集中力

昨年の今ごろは社労士受験の直前期で必死に勉強していたんだなぁ・・・
なんか遠い昔のことのような気がします。
いま、果たしてあのような勉強漬けの生活ができるんだろうか?
ぬるま湯につかりきった現在の生活を考えると「不可能!」と言いたいところなんですけど、またああいう状況になればきっとできるんじゃないかな(爆)

昨日、1年ぶりにI上先生(←一部ローマ字にしたところでバレバレです。笑)の講義を受講させていただきました。
あのレジメを見ると、本当に念入りに準備してくださったことが分かります。
講義も相変わらず文句のつけようがないほどに素晴らしく、こんな講義を受けることができてホントHAPPYでするんるん
I上先生、どうもありがとうございました。
4時間の講義は、あっという間に時間が過ぎ、終わってしまいました。
この「あっという間」というのが私には重要で、こういうふうに感じることができるというのは自画自賛になりますが

集中力がある証拠

なのです。
どんなに素晴らしい講義を聴いていても眠ってしまうヤツはいるわけですしね。
なんか、昨年の答練マスターの講義中に最前列で居眠りしていてI上先生に怒鳴られていたオジサンを急に思い出してしまいました(笑)
あのオジサン、今年も受験するのかな?

で、話を戻しますが、この集中力を発揮できたこと、オーバーに言ってしまえば私の集中力はまだまだ衰えていないということが再確認できたことは、自分自身とてもうれしかったです。
近い将来、また受験生活に足を踏み入れる可能性も高いですからね(^^;)
posted by エル99 at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

久しぶりに受験生日記を読んでみました

社労士最短最速サイトの名物コーナー「受験生日記」。
なにを隠そう、私も昨年はライターをやっておりました。
って、みんな知っていますね(笑)

今年の受験生日記は、一部の方のものは定期的に読んでいるのですが、今日久しぶりにいろいろな方の日記に目を通してみました。
僭越ながら、まず間違いなく合格するだろうと思われる方は、その日記をみるだけでだいたいわかります。
日記を継続して書き続けることができる人は、勉強も継続してできるんですよね。
あと3ヶ月半、頑張ってくださいねわーい(嬉しい顔)

逆に不合格になるだろうなぁっていう人も、失礼ながらだいたいわかります。
さっき書いたものの逆パターンで、日記を毎日書けないイコール継続して勉強できない、ということですから。
あと、「ゴールデンウィーク勉強できませんでした」とか堂々と?書いている人。
「ゴールデンウィークにやらないで、いつやるの?パンチ」って言ってやりたいです。
あえて断言しますが、時間がないなんて言い訳に過ぎません。
ゴールデンウィークなんて、まとまって時間がとれる最大のビッグチャンスだったはずなのに。
仮に仕事でGWも忙しかったとしても、勉強する人は必ず自分で時間を作る努力をしています。
受験生なら誰しも「試験に合格したい」と思います。
でも、思うだけなら誰でも簡単にできるわけで、実際に現実のものとするためにはそれなりの努力が必要なのです。
努力もしないで「受かりたい〜」なんて言っているのを聞くのは、昔も今もあんまりいい気持ちはしませんね・・・むかっ(怒り)むかっ(怒り)むかっ(怒り)

で、私はというと、勉強漬けだった昨年とはうってかわって、なんの変哲もないゴールデンウィークでした。
6日は嫁孝行で1日遊びに行かせたので、家事と子どもの面倒の両方をこなしました。
(料理はカレーしか作れないので、当然にカレーでした。笑)

あー、仕事をしているほうが楽だぁぁぁ(爆)

嫁の苦労が分かったので、ある意味有意義なゴールデンウィークだったのかもしれないですね(笑)
posted by エル99 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月02日

知りませんでした

私の勤務している会社では、ここのところ育児休業給付の支給対象となる人が増えてきております。
育児休業給付とは、言うまでもなく雇用保険の雇用継続給付のひとつであるわけですが、支給単位期間に賃金が支払われるとその額によっては給付の額に調整がかかるということは、社労士の勉強をされている方ならご存知だと思います。
先日の記事で私の説明能力不足を痛感しましたので、今回は詳しい説明は省きますが、休業開始時賃金日額の50〜80%でどうたらこうたらというやつです(爆)
一応、該当する条文(雇用保険法第61条の4第5項)を転記しますね。

前項の規定にかかわらず、第1項に規定する休業をした被保険者に当該被保険者を雇用している事業主から支給単位期間に賃金が支払われた場合において、当該賃金の額に当該支給単位期間における育児休業基本給付金の額を加えて得た額が休業開始時賃金日額に支給日数を乗じて得た額の100分の80に相当する額以上であるときは、休業開始時賃金日額に支給日数を乗じて得た額の100分の80に相当する額から当該賃金の額を減じて得た額を、当該支給単位期間における育児休業基本給付金の額とする。この場合において、当該賃金の額が休業開始時賃金日額に支給日数を乗じて得た額の100分の80に相当する額以上であるときは、同項の規定にかかわらず、当該賃金が支払われた支給単位期間については、育児休業基本給付金は、支給しない。

それでもって、今日はなにをいいたいのかというと、ここに書かれている「賃金」には賞与は含まれないんですって。
つまり、支給単位期間に給与を支払ったら調整の対象になるけれど、賞与なら100万円支払ったって関係ないということらしいです。

こんなの知らなかった!!

雇用保険法第4条の第4項で、賃金についても定義されていて、それは下記のようになっています。

この法律において「賃金」とは、賃金、給料、手当、賞与その他名称のいかんを問わず、労働の対償として事業主が労働者に支払うもの(通貨以外のもので支払われるものであつて、厚生労働省令で定める範囲外のものを除く。)をいう。

これをそのまま読めば、第61条の4で書かれている「賃金」にも「賞与」は当然に含まれると思うのですが、なんか通達でも出ているのでしょうかね?
ハローワークにも確認したのですが(あまりに疑問だったので3箇所に確認してしまいました。笑)、やっぱり育児休業給付の支給単位期間に賞与をもらってもまったく関係ないとのことでした。
昨年私が勉強したテキストを読み返してみても、私が見た限りではこのことは記載されていませんでした。
ということは、昨年これを論点にした問題が出題されていたら、完璧に落としていたということですね(笑)
なんか通達でも出ているのかな?あせあせ(飛び散る汗)
それとも私がなにか大事な条文を見落としているのでしょうか?もうやだ〜(悲しい顔)
ご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひコメント等いただければありがたいですm(__)m
posted by エル99 at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

社労士会の支部主催研修に参加しました

社労士会の支部主催の研修会に参加してきました。
案の定というか、爺さんが多かったですね〜
まぁそれはいいのですが、研修中に居眠りしている爺さんが多かったのにはビックリでしたがく〜(落胆した顔)
安いとはいえカネ払って参加しているのに、

何してんの?

って感じです。
カネよりも時間がもったいないですよね〜
居眠りするくらいなら自分の家のベッドで寝たほうが熟睡できて健康にもいいのにね(笑)
おそらく研修会のあとの懇親会(←私は不参加でしたが。笑)が目的だったんでしょう。
そんなわけで、ちょっとカルチャーショック?を受けた研修会でしたが、研修内容自体は「後期高齢者医療制度について」ということで非常に興味深いテーマでした。
区の担当者の方が1時間ほど説明してくださったのですが、あっという間でしたね〜
私が社労士の受験勉強をしていた昨年は「老人保健法」でしたから、新しい知識を吸収するような感じでした。
ちょうど今、旬なテーマでもありましたし。
よく白書とかに出てくるような「持続可能」とか「適正」みたいな文字が今日の資料にも出てきてちょっと心の中で笑ってしまいました。
要するに、少子高齢化で老人保健法のままだと原資が足りないので後期高齢者からも保険料をもっといただきますよ、ということなんですけどね。
保険料が上がるのは誰しも嫌ですけど、それでも制度が破綻したらみんな困りますから、趣旨をきちんと国民に説明したうえで堂々とこの制度を導入すればいいのに、なんでお役所様はこんな

ごまかしの言葉

を使うんでしょうね?
それでいて新制度の告知は笑えるほど不十分ですから、今の混乱もうなずけるというものです。
もちろん趣旨を十分に説明したって反対するヤツは必ずいるでしょうけど、現状よりは絶対マシって思うんですけどね〜
posted by エル99 at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

たまには社労士関連の記事?

久しぶりに社労士関連の記事を、といっても中身は薄いのであしからず(笑)

なぜか急に思い立って、GoukakuClubの1日1問を解いてみました。
今日は国民年金法の問題だったのですが、選択式の空欄を無事に5つとも埋めることができました♪
とはいえ、けっこう疑心暗鬼で埋めた空欄もあり、結果オーライだったかな・・・
知識の衰えを早くも実感してきております(苦笑)
まぁもう試験を受けるわけではないので、年金なんかは法律の全体的な仕組みを理解しておけばよく、細かい数字などは必要なときにテキストを開けばよいのだから・・・とちょっと強がっておくことにします。
完全に負け惜しみですが(爆)
まだ先の話ですが、今年度の本試験問題が公開されたら全問解いてみようと思っています。
ひょっとして30点くらいしかとれなくなっちゃうのかなぁ(笑)

さて、社労士の話題はすぐに終わってしまったので話題を変えますが(爆)、子どもも無事に産まれて、次なる課題は「簿記」と「引越し」です。
簿記はどうにも勉強できていません。
この期に及んで、勉強できていないというのもどうかと思いますが、あと10日間、最低限の準備だけはしようと思っています。
社労士試験のときのような充分すぎるほどの準備は到底できませんが、本試験問題と戦える程度(運がよければ合格できるレベル)までには、なんとかもっていかなくては・・・
などと言いつつ、けっこう根拠のない自信もあったりして(爆)
社労士のときみたいに勉強をしまくると、「落ちたら今までの努力が水の泡になる」みたいな恐怖心があって、不安で不安でしかたなかったのですが、今回の簿記みたいにほとんどなにもやっていないと本試験がけっこう楽しみだったりするんですよね。
いいのか、これで???、みたいな気もしないでもないですけど(笑)

もうひとつの課題、引越しのほうはめちゃめちゃ楽しみです。
だから簿記よりも引越しの準備のほうが優先されちゃうんですよね〜とイイワケしつつ(笑)、いろいろやること満載だったりしますので、けっこう忙しいかも(^^;)
一番ショックだったのは、エアコンの高いこと!!
3台買わなくてはいけないのですが、想定していたよりも100,000円以上出費がかさみました(泣)
まぁ金は天下の回り物って言いますし、あんまり気にしないことにしますか!!
posted by エル99 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月23日

勤務社労士の登録をしてきました

会社が費用を出してくれるというので、会社の気が変わらないうちに勤務社労士の登録手続きをしてきました。
それにしてもカネがかかります。
登録免許税30,000円、登録手数料30,000円、入会金30,000円、4ヶ月分の年会費14,000円、いったいどんだけカネをむしりとれば気が済むんでしょうか?
実務経験がない人は事務指定講習を受けないといけないから、さらに70,000円かかるわけで、開業社労士が少ない理由はこんなところにもあるんじゃないでしょうかね?

それはともかく、合格発表後ですから、おそらく今が一番新規登録者が多い時期なんでしょう。
今日は50人くらい来ていたのかな?
当然、来ている人はみんな社労士試験に合格した人ばっかりなんでしょうけど、正直みんなパッとしなかったっす。。。
そういうお前はどうなんだ?というツッコミは無しにして、ネ(笑)
先日まで書いていた受験生日記では、立場上真面目なことしか書けなかったですけど、自分のブログでは

思う存分毒が吐ける(爆)

登録の説明では、なんか東京都社労士会の偉い人(←たぶん)が冒頭にいろいろ話していましたけど、だいたい政治連盟に入りましょうって話が長すぎるんダヨ!!
たいへん申し訳ありませんが、

入りませんよ〜だ!!(笑)

来月には新規会員のオリエンテーションがあるらしいです。
政治連盟といっしょで無視してもどうってことなさそうな気もしますが、無料なので行ってくることにします(^^)
きっとまた偉そうな爺が政治連盟に入りましょうとか言うんだろうなぁ(笑)
posted by エル99 at 00:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 社労士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

選択式は大変なのに・・・

とうとう受験生日記も終わって、このブログも再びオリジナルの記事を書くこととなりました。
しかし、もう少し社労士の話題を(笑)

まぁ私はめでたく合格したわけで、やっぱりこれをほめてもらいたいわけです(爆)
誰にって、もちろん一番は嫁なんですが、彼女は一応

「すごいね〜、良かったね」

と言ってくれるものの、どうも私にはぜんぜん物足りません。

社労士試験には「選択式と択一式の2つがあって、選択式は〜〜〜」と説明し、各科目3点以上とることがいかに大変かということを言い続けても、その大変さが社労士試験を知らない人にはよくわかってもらえないのです。

こっちは、あんなにビビリまくっていたのにさっ!!

ということで、社労士試験の話題を部外者にしても逆にストレスがたまるだけ、ということがあらためて理解できました。
でも、選択式の恐怖、わかってほしいんだよなぁ・・・(笑)
posted by エル99 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

期待はずれ

さきほど、社会保険労務士試験の合格証書が届きました。

期待して開けてみたら、、、

なにこれ???

しょぼすぎる!!!

あのぅ、、、あんなに一生懸命勉強して勝ち取った合格証書がこれですか???
一般旅行業務主任者(いまは名称が変わったんだっけ?)の合格証書を手にしたときもしょぼくてビックリしたのですが、はっきりいって社労士の合格証書はそれ以下・・・

ガッカリですよ(>_<)

合格証書がこんなもんだと世の中に知れ渡ったら、受験生数は減るんじゃないかなぁ(笑)
全国社会保険労務士会連合会はもう少し考えたほうがいいのでは?
posted by エル99 at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後の受験生日記です

いよいよ受験生日記も最後となりました。

新潟から戻ってきたら試験結果の通知が届いていて、あらためて合格を実感しました。
合格証書は配達記録の不在通知が届いていてすぐに再配達の手続きをしましたから、今晩にも届くことでしょう。
届いたらより合格を実感できるのではないかと思います。

本試験の得点結果は自己採点通りでした。
運良く高得点で合格できましたが、合格してしまえば何点であろうがもう関係ありません。
そして試験合格がゴールではありませんから、今ある知識を消滅させないように(っていうか、よりレベルアップできるように)、資格を死格にしてしまうことなどないように、これからも自己研鑽を怠らないよう日々過ごしていきたいと思います。

昨年の11月23日から受験生日記を書き始めて約1年間、日記を書くことによって自分にプレッシャーをかけることができ、自分の心が弱いほうに流されることはありませんでした。
毎日遊んでいたら、受験生日記、書けないですもんね(^^;)
この合格は、自分自身が頑張った結果ではありますが、9日の日記にも書きましたように周りの方々のいろいろな形での支えがあったからこその結果であることはいうまでもありません。
あらためてすべての皆様に御礼を申し上げると同時に、この「受験生日記」にも御礼を申し上げて最後の日記を締めくくりたいと思います。


「どうもありがとうございました」


written by リベンジ組東軍「エル99」
posted by エル99 at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

ライターの皆さんへ

皆さんの日記を読ませていただきました。

ひよこ塾で共に頑張った燃える闘魂さんをはじめ、ゆうパパさん、烈火のごとくさん、まりはさん、ミチノクさん、つくしさん、ぴのこさん、神保町1丁目さん、他合格者の方々、合格おめでとうございます!!
ライターの方は皆感じているとは思いますが、お会いしたことはなくてもなんか連帯感みたいなものがあったので、やっぱりライターの方の良い結果をきけるのはうれしいです。
ノエルさん、モリクミさん、再チャレンジおじさん、かりんとうさん、他惜しくも今年合格できなかった方々、来年こそは絶対合格してくださいね。
「継続」「集中」をキーワードに頑張れば、来年はきっと大丈夫ですよ!!

西軍や初受験の方々の日記はたまにしか読むことができなかったけれど、ほんとうにお疲れ様でした。
とくにむくさんやポポンさんには以前日記に取り上げていただいたこともあって、楽しみに読ませていただきました。
またリベンジ組の日記で来年の勝利報告を楽しみにしております。


では、これから新潟へ行ってきます。
彼女側(いまだに妻とは呼びにくいです。汗)の親戚へのお披露目食事会があるので(^^;)
明日まで最後の日記が書けるので、また明日。

最後に私のブログのURLを晒しておきます。
今は受験生日記のミラーサイトになってますが、日記終了後はいろいろ更新するつもりですので、ぜひ遊びにきてくださいね♪

http://hydra16.seesaa.net/
posted by エル99 at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

合格しました♪

無事、合格できました。

小物ゆえに朝からドキドキワクワクだったのですが、通勤中にクレアールの事務局のSさんからお電話をいただき、自分で確認する前に合格を知ってしまいました。
でも小心者の私には、このほうがよかったのかも♪(笑)
Sさん、わざわざ朝からありがとうございました。

クレアールには昨年度から計2年間お世話になりました。
1年で終わるつもりだったんですけど、ね。
でも、今だからこそ言えることなのですが、昨年不合格でよかったと負け惜しみでなく思えるくらい今年は充実した1年になりました。
昨年合格していたら、知識量はもちろんのこと、これほど充実した1年を過ごすことはなかったわけですからね。
この1年はけっして回り道ではなかったと思いますし、私の人生においてもきっと忘れられない1年になると思います。
そして、合格できたのは、井上先生、北村先生のご指導をはじめとして、クレアール事務局の方、ひよこ塾のメンバー、日記ライターの皆さん、その他私の周りにいる色々な方々の、色々な形での支えがあったからだと思います。
皆さま、本当にありがとうございました。

とくに井上先生にはホントに感謝してもしきれないです。
昨年と比べて飛躍的に成績が伸びたのは、間違いなく井上先生のご指導のおかげですから。
電話で合格の報告をしたとき、相変わらず飄々とした口調だったので、それがまたなんか嬉しかったです。
あらためてもう一度御礼申し上げます。

「ありがとうございました」

今日はこの日のために用意しておいた「さくらの湯」の入浴剤でお風呂にはいる予定です(笑)
posted by エル99 at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月08日

いよいよ明日

いよいよ明日が合格発表日ですね。
8月26日の試験から約2ヵ月半、長かった〜
あまりに長すぎるので、早く合格発表日にならないかなぁなんて気持ちにすらならなかったのですが、さすがに今週は早く金曜日にならないかなぁって思う毎日でした (^^;)

そしていよいよ明日がその日。
あれだけ確認したのでマークミスはありえないと思うのですが、なんせ私は「小物」ですからビビらずにはいられません。
マークミス以外にもいろいろ変なことを考えちゃうんですよね〜
今年の選択厚年は簡単だったから厚年に限り今年は基準点を4点以上にする、なんていう「逆救済」が今年から導入されたり、とか・・・
いくらなんでもそれはないか(笑)

なんにせよ、明日になればスッキリします。
早く明日にな〜れ♪
posted by エル99 at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。