2007年06月29日

ハーフ模試社会一般選択式

当たり前ですが、今日も一般常識の予習。
そのなかで、4月末に受けたハーフ模試の社会一般の選択式の復習をしました。
復習といっても、もうすっかり忘れているので初めて解くような感覚でした。

でも、この問題は非常に良い問題だと思います。
すぐに解答できる空欄はひとつもなく、今まで積み上げた知識を元に考えて考えて解答を選択する、これこそまさに「模擬」試験です。

この問題を解いたことのない方は、ぜひチャレンジすることをオススメします。
ハーフ模試を受けられた方も、きっと解答を覚えてなんかいないでしょうから、ぜひもう一度解いてみるといいですよ。


【今日の勉強】
労働一般・・・GoukakuClub択一式全10問、ひよこ塾復習、ハーフ模試(選択式)復習、IDE中間模試(選択式)復習
社会一般・・・テキスト速読(P165〜P208)、過去問(P114〜P167)、GoukakuClub選択式問1〜問9(2周目)、ひよこ塾復習、ハーフ模試(選択式)復習、IDE中間模試(選択式)復習

【今日の勉強関連出費】
アイスコーヒー代(ベローチェ)・・・170円

【 今日の勉強時間: 4.0 時間 】   【 今日使ったお金: 170 円 】
posted by エル99 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

家では良い勉強などできるわけないのに・・・

今日は用事があったので、業務終了後、会社から自宅にまっすぐ帰りました。
それで、用事を済ませた後「さぁ勉強」ということになるわけですが、「これからまたベローチェに出かけるのも面倒くさいし、今日は家で勉強しよう」ということにしてしまいました。
結果は、、、

  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓

やはり大失敗。。。
テキストを読んでいたものの、まったく集中力がなく猛烈な眠気に襲われて、あえなく終了〜ということになってしまいました(>_<)
家では良い勉強はできないとわかっていたはずなのに、ダメダメですね・・・
面倒がらずにベローチェに行くべきでした。反省。


【今日の勉強】
労働一般・・・GoukakuClub選択式全10問(2周目)
社会一般・・・テキスト速読(P41〜P164)

【 今日の勉強時間: 2.0 時間 】   【 今日使ったお金: 0 円 】
posted by エル99 at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

勉強再開&予定変更

いつまでも休んでいられないので、今日から勉強再開です。
といっても、もう火曜日。
金曜日は会社のイベントがあってあまり勉強時間がとれないことが予想されるので、それを考えると答練までに勉強ができるのは10時間くらい・・・
とてもじゃないですけど今まで通りのメニューをこなしている時間はありません。
予定変更するのは大嫌いなのですが、今回ばかりは仕方ないですかね。

で、急遽決めた新しい予習メニューは、テキスト「精読」をテキスト「速読」に変更して、あとは今までと同じです。
(あ、あと過去問は「法令部分のみ」を解くことにしました)
速読ですから、基本的には今までの勉強でテキストにマーカーを引いたりコメントを入れた箇所しか読んでいきません。
それでも時間的にギリギリくらいかなぁ・・・
当然、土曜日の答練(一般常識)は思いっきり準備不足で迎えることになりますし、良い成績も望めないでしょうけど、運のよいことに一般常識は来月8日に井上先生の一般常識マスター講座があるからそれで仕上げられるから、別にまぁいいかな(^^;)


【今日の勉強】
労働一般・・・テキスト速読(P85〜P262)、過去問(P26〜P71)
社会一般・・・テキスト速読(P13〜P40)

【今日の勉強関連出費】
アイスコーヒー代(ベローチェ)・・・170円

【 今日の勉強時間: 3.0 時間 】   【 今日使ったお金: 170 円 】
posted by エル99 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

ケアレスミスについて

今日の厚年法のハイレベル答練、惨敗ではないもののついに目標値を下回ってしまい、それなりにショックというか残念でした(T_T)

復習してみて、間違えた問題は2種類。

「知りませんでしたor間違って覚えていました」

というものと、

「わかってるのに、なんでこんな問題を間違えるのだろうか」

というものです。

前者に対しては、「失礼しました。今日から覚えます。」ということしかないので、ある意味覚えれば問題は解決です。
ところが、後者はどうすればよいのでしょうか。

これについて、今日ちょっと考えが変わりました。
いわゆるケアレスミスというやつですが、今まではとにかく注意を払ってケアレスミスをなくそうと思っていました。
当たり前ですが、それは当然に必要なことです。
しかし、限られた時間の中で大量の問題を解かなければいけない本試験(択一式)では、ケアレスミスを壊滅させることはおそらく不可能ではないかと思うのです。
しかも異様なプレッシャーのかかる本試験会場では・・・
(もちろん、ひとつの問題にある程度の時間をかけられる選択式ではケアレスミスは絶対に許されませんが・・・)
ですから、多少のケアレスミスが発生するのは、ある意味仕方のないことであって、それがあっても合格基準をさらに上回る得点をたたき出せるように準備することこそが必要なのではないか。。。
こんなふうに思うのです。

昨年の不合格の決定打となった労基法問2のAの肢。
労使協定と労働協約の違いくらい、昨年の時点だって当たり前のようにわかっていました。
わかっていても本試験のあの雰囲気の中ではその間違いに気づかないのです。
であれば、この問題を落としたとしても他の問題でカバーできるだけの実力を身につける、これが必要なのです。
だから昨年不合格になったのは、労基法問2でケアレスミスをしたからではなく、その他の問題で得点を積み上げて問2でのケアレスミスをカバーできなかった、こちらのほうの真の原因ではなかったのではないかなぁなんて思うのです。

4点ギリギリしかとれそうにない科目があると、そこでケアレスミスが発生してしまうと「致命傷」になってしまいます。
だけど、どの科目も7点以上確実にとれる実力があれば、1問ケアレスミスをしたところで大勢に影響はないのです。
同じように総得点でも、43点くらいしかとれない実力ではケアレスミスが致命傷になりかねませんが、50点とる実力さえあれば、それが49点になったところでなんの問題もないはずです。
いまさらですが、今日の答練でこのように思いました。


【今日の勉強】
厚生年金保険法・・・テキスト速読、ハイレベル答練&復習、ひよこ塾

【今日の勉強関連出費】
予備校通学JR代・・・320円

【 今日の勉強時間: 8.0 時間 】   【 今日使ったお金: 320 円 】
posted by エル99 at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

厚年法の予習、一応完了

自分で課した厚年法の予習のノルマがやっと終わりました。
しんどかった〜
なんと厚年法の予習に21.5時間もかかりました。
じゃあ他の科目の予習にはどれくらいかかったんだろうって思ってちょっと調べてみたら、例えば雇用法は13.5時間でした。

( ̄□ ̄;)!!
8時間も多くかかってる!!
そりゃあしんどくても当たり前ですね・・・

時間をかけたから(っていうより時間がかかってしまっただけ)予習が完璧かというと、もちろんそうではなくて不安いっぱいなのですが、これは厚年法にかぎらずほとんどの科目がそうでしたからね〜
とりあえず今日は内容はともかく、やりとげた充実感があるので、自分を褒めてあげよう♪


【今日の勉強】
厚生年金保険法・・・GoukakuClub選択式全14問(2周目)、ひよこ塾復習、ハーフ模試復習、IDE中間模試復習

【今日の勉強関連出費】
アイスコーヒー代(ベローチェ)・・・170円

【 今日の勉強時間: 4.0 時間 】   【 今日使ったお金: 170 円 】
posted by エル99 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

直前期(7,8月)の予定表を作成してみました

答練のプレッシャーに圧迫されてややネガティヴな精神状態だったので、気分転換?に今日の昼休みに7,8月の予定表を作ってみました。
実際に勉強を実行することはたいへんですけど、計画を作っているときはけっこう楽しいです。
一応7月には飲みなど予定が入っている日が計3日間ありますので、それを踏まえて作りました(^^;)
まぁ予定表作成といってもそんなに大層なことではなく、自分の中でやらなくてはならないことはだいたいイメージができていたので、それを具体的にスケジュールに落とし込んだだけですが。
もちろん多少微調整はするでしょうけど、あとは基本的にはこのスケジュールに則って勉強を粛々と実行していくだけ・・・
私にとっては相当ハードなスケジュールではありますが、少なくとも準備だけは悔いのないように仕上げて本試験に臨みたいですから、確実にこなしていきたいと思います。

この予定表で7,8月の予定勉強時間を算出したら280時間となりました。
たぶん今月末あたりで日記を書き始めてからの勉強時間累計が720時間くらいになるでしょうから、合わせると偶然にも

「1,000時間」!!

なんかよくわからないけどツイている感じがします♪
せっかくだから8月26日にちょうど1,000時間になるように意識して勉強時間を調整してやろうかな?

意味ないか・・・(笑)


【今日の勉強】
厚生年金保険法・・・過去問(P350〜P377)、テキスト精読(P138〜P176)

【今日の勉強関連出費】
アイスコーヒー代(ベローチェ)・・・170円

【 今日の勉強時間: 3.0 時間 】   【 今日使ったお金: 170 円 】
posted by エル99 at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

勉強が修行のように・・・(>_<)

インプットの時期の勉強は、知的好奇心を満たすような感じでたいへんながらも面白く感じていたのですが、さすがにハイレベル答練の時期はそんな余裕はありません。
勉強が修行のような感じになってきていて、正直少しツライかも。
答練で良い点をとりにいってますので、今週の厚生年金法みたいに思ったように予習が進まないと、それがプレッシャーになってますます気持ちに余裕がなくなるような感じです。
もう全部投げ出して思いっきり遊びたい〜って気持ちが爆発しそう・・・
そうはいっても今までの努力を無駄にするわけにもいかないので、そんな気持ちは抑えて、やるべきことは粛々とこなしますが(^^;)

答練の時期が終わって7月になれば、また違った感じになると思いますので、とにかく6月は自分の心を奮い立たせて頑張るしかない!ですね・・・


【今日の勉強】
厚生年金保険法・・・過去問(P310〜P349)、テキスト精読(P107〜P137)

【今日の勉強関連出費】
アイスコーヒー代(ベローチェ)・・・170円

【 今日の勉強時間: 3.0 時間 】   【 今日使ったお金: 170 円 】
posted by エル99 at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

通達マスター

昨日の日記で国年法の答練で択一を3問落としてショックと書きましたが、読み返してみて自分の感覚とちょっと違う感じが・・・
たしかに3問も間違えたのはショックではあるのですが、解いている最中は6問くらい落としそうな勢いでしたから(←大火事です)、結果として3問で済んだ(←ボヤ)のはある意味評価してもいいかなぁなんて気もするんですね。
まぁなんにしても年金科目は7月にちょっと力いれてやる必要があるみたいですけど(^^;)

で、今日は労働基準法の通達マスターの講義でした。
しつこいようですが労働基準法は私にとって因縁の科目ですから、気合を入れて受講してきました。
そんな感じで、いい感じで受講していたのですが、午後の休憩後に集中力が切れてしまった時間帯がちょっとありました。
(休憩時間にハンカチ王子の5回1失点を確認したのが原因かも。笑)
数ある講義のなかでも、今日の講義は私にとってかなり重要度の高いものであったのにもかかわらず、

「いったいなにをやっているのか」

という感じです。
なんとか立て直して再び集中モードには戻りましたが、この「空白の15分」は大反省です。
集中力がきれていた裁量労働制のあたりは、即復習しておきました。
講義に集中していなかった箇所に対して「復習」という言葉を使うのが妥当なのかという話もありますが・・・

まぁそうはいいつつも、当たり前と言えば当たり前なのですが、講義の相当部分は集中して受講しましたので、それなりに良い勉強はできたのではないかと思います。
さすがに今年も労基2点ってことはないかな〜〜〜あったりして・・・(爆)


【今日の勉強】
労働基準法・・・通達マスター講義、練習問題
厚生年金法・・・過去問(P228〜P237)、テキスト精読(P13〜P27)

【今日の勉強関連出費】
予備校通学JR代・・・320円

【 今日の勉強時間: 7.0 時間 】   【 今日使ったお金: 320 円 】
posted by エル99 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

年金、ヤバイかも???

今日のハイレベル答練は国民年金法でした。

いやぁ、冷や汗モノでした・・・
ハイレベル答練で解いていて残り時間が危なくなったのは初めてです。
結局のところ、完璧に知識があやふやだから、正誤判断を即時に行うことができず、1問1問に時間がかかるんですね。
そこに怪しい問題が登場すると、私の頭の中で火事が発生してもうパニック状態です。
消火活動を懸命にやって、なんとかボヤ程度に収めることができましたが・・・

とにかく今までの科目で最も焦りました。
予習をしているのにもかかわらず択一で3つ落としたのは、ちょっとショックです。
年金には別に苦手意識はなかったのですが、今日でそれがちょっと芽生えてしまったかも?(汗)

また、先週今週と答練の問題の作りが甘く、ミス問っぽい問題が連発していますが、それでかなりペースを乱されている感もあります。
たしかに本試験でもこういうことは充分想定できるので、良い経験を積んでいるといえばたしかにその通りなんですけどねぇ・・・(>_<)


【今日の勉強】
国民年金法・・・テキスト速読、ハイレベル答練講義、復習

【今日の勉強関連出費】
予備校通学JR代・・・320円

【 今日の勉強時間: 7.5 時間 】   【 今日使ったお金: 320 円 】
posted by エル99 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

今日は「勉強デー」

今日は年休をとって「勉強デー」にしました。
図書館が今日まで臨時休館なので、予備校の自習室へ。
たまたま今日は夜に自習室の設定がなかったので、夜はいつものベローチェへ行きました。

で、今日のトータル勉強時間は9時間!!

途中、かなり中だるみで集中力がきれていた時間帯もありましたが、まぁよくやりました(^^)
でも、いつも最低8時間は仕事をしているわけだし、そう考えると9時間といっても大したことはないんですよね。
それなのになんで9時間でこんなに疲労困ぱいなんだろう?
やっぱりいつも仕事はチンタラやっているからなのかな?(笑)

ただ9時間やったものの、進み具合は相変わらずスローで、今日も自分で予定していた最低限のノルマまでしか終わりませんでした。
答練の予習をしているとどの科目も不安なのですが、今回はいつも以上に不安です(汗)
明日明後日はいつものようには勉強時間が確保できないだろうから、もう少し進みたかったのですが・・・
それでも疲れているから本当はもっと早く切り上げたかったのに、最低限のノルマが終わるまでは頑張った私はエライ!!(爆)

風呂入って寝ます・・・


【今日の勉強】
国民年金法・・・過去問(P86〜P219)、テキスト精読(P87〜P207)、ひよこ塾復習

【今日の勉強関連出費】
予備校通学JR代・・・320円
アイスココア代(ベローチェ)・・・260円

【 今日の勉強時間: 9.0 時間 】   【 今日使ったお金: 580 円 】
posted by エル99 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

しびれる問題に出会って思ったこと

今日のハイレベル答練の選択式の問題で、久しぶりに「知らない」問題に出会って、ちょっとしびれました。
とにかく「知らない」ので完全に国語力の勝負みたいな感じになったのですが、結果4つ埋められたのはある意味けっこう自信になりました。
そうはいってもこんな問題が本番で出たら、やっぱりおっかないですけどね・・・

こういう「しびれる」問題に対峙できたのは、非常に良い経験になりました。
で、こういう問題に出くわした後は、必ずその後の問題を解くのに尾をひくということもあらためてわかりました。
わからない問題はわからないと割り切って次に進むのが良いに決まっているし、本試験でもそうありたいと思っているのですが、今日の答練を終えた今思うことは「それは無理」ということです。
私の精神力では絶対に動揺します(爆)
これは残念ながら避けられないですね。。。
だから、わからない問題に動揺し尾を引いたとしても、それでもその後の問題に対し、正解を確実に判断できる知識を身につけることが必要なんだと思います。
普通じゃない精神状態でも正解できる、そのためには「過去問→テキスト精読」の反復、やっぱりこれしかないですね。


【今日の勉強】
健康保険法・・・テキスト速読、ハイレベル答練講義、ひよこ塾

【今日の勉強関連出費】
予備校通学JR代、タクシー代・・・1,220円
 帰りのタクシー代も計上しちゃいます(笑)

【 今日の勉強時間: 7.5 時間 】   【 今日使ったお金: 1,220 円 】
posted by エル99 at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

真面目な自分と不真面目な自分の戦い

今日少し勉強して、一応今週にやるべき予習はすべてこなしたので、予定通り飲みにいきました。
飲んでいるときはとてもHAPPYです(^^)

しかし、「やるべきことをやったとはいえ答練の前日に飲んでていいのか?」という真面目な自分と、「やるべきことはこなしたので大いにリフレッシュすべき」という不真面目な自分がいつも戦っています。
で、不真面目な自分がいつも勝ってしまうわけです(^^;)
といっても、リフレッシュも私には必要不可欠なことだと思っているのでそんなに自責の念にかられることはないんですけどね。
精神面などを考えると、常に「真面目>不真面目」というわけでもないように思うんですね。

ただ、リフレッシュしすぎて、やるべきことをやらずに本試験に臨む、なんてことにならないように気をつけないと!!
人間はどうしても楽なほうに流されてしまいますから、そういう風にならないよう自分を律していくことはとても大事ですね。


【今日の勉強】
健康保険法・・・GoukakuClub選択式全14問(2周目)、IDE中間模試復習

【今日の勉強関連出費】
アイスコーヒー代(ベローチェ)・・・170円

【 今日の勉強時間: 2.0 時間 】   【 今日使ったお金: 170 円 】
posted by エル99 at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

双子の卵ってまだあるの?

健康保険法の予習、けっこう時間がかかって思ったよりもなかなか進みません。
別に理解していないわけじゃないんだけど・・・
そりゃあ雇用法や徴収法よりも時間がかかるのは当たり前なんですけど、このペースだと来週からの年金科目が思いやられます。

で、今日の勉強で、出産育児一時金は双子は70万円、三つ子は105万円という箇所を読んでいて思ったこと。
昔は目玉焼きで双子の卵とかにたまに出会った記憶があるのですが、最近はまったく見ないなぁ。
なんでだろ?
LLサイズの卵を買えばたまに当たるのかな?

どうでもいい話でした(笑)


【今日の勉強】
健康保険法・・・過去問(P90〜P129)、テキスト精読(P103〜P131)

【今日の勉強関連出費】
アイスコーヒー代(ベローチェ)・・・170円

【 今日の勉強時間: 2.5 時間 】   【 今日使ったお金: 170 円 】
posted by エル99 at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

平常心を保つことは大事、でもそれが一番難しいかも。

いつもハイレベル答練は9割以上を目標にして取り組んでいるのですが、徴収法は9割では物足りないので、今日はパーフェクトを意識してトライしてみました。

午前の答練は、途中まで順調に解いていったのですが、択一式の問13で立ち止まってしまいました。
正しい肢を選ぶ問題だったのですが、DとEがどっちも正しいのです。
今日は徴収法だからかなりのスピードで解いていったため、時間にも余裕があったので10分ほどじっくり考えました。
それでもどちらの肢にも誤りは発見できませんでした。
仕方ないので問13は後回しにして先に進むことにしました。
しかし、もう精神的に冷静ではなくなってしまっていたんでしょうね。
問17で、ありえない間違いをしてしまいました。

「〜(前略)〜何人も消印を『受けた』雇用保険印紙を所持してはならないこととされている」

当然誤りなのですが、なぜか「何人も消印を『受けていない』」と読んで正しい肢と判断してしまい、もったいない1問を落としてしまいました。
平常心を保つということがいかに大事かということですね。
で、問題の問13は結局ミス問でW正解だったようです。
(解答解説冊子では正解がEで、私は最終的にDを選んでしまったので、解説講義が始まってもしばらく講義はそっちのけでずっと問13を考えていました。相当冷静でなかったみたいです。汗)
本試験でもきっとミス問はあるだろうし、そういう問題にぶち当たったときに、難しいけれどいかに平常心を保つかの良い予行演習になりました。
なんとかこの経験を本番に生かしたいと思います。

もし、それを意識してわざとW正解のミス問を出題していたとしたら、クレアールもなかなかやるなぁってところなんですが・・・(笑)
でも、さすがにそんなことないですかね(^^)

ちなみに午後も選択式を1問落としてしまってパーフェクトはなりませんでした。
やっぱりパーフェクトは難しいです(^^;)

【今日の勉強】
徴収法・・・テキスト速読、ハイレベル答練講義、ハイレベル答練復習
健康保険法・・・過去問(P6〜P23)、テキスト精読(P11〜P27)
 そのまま後楽園ホールに行きたい欲望を抑えて自習室で勉強しました。エライ!!
 でも、ちょっと頑張りすぎたのか、疲れました(^^;)

【今日の勉強関連出費】
予備校通学JR代・・・320円

【 今日の勉強時間: 9.5 時間 】   【 今日使ったお金: 320 円 】
posted by エル99 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

職安での出来事

今日、社員の雇用保険の得喪手続きにハローワークに行ってきました。
私のは喪失も離職票不要で本当に簡単な手続きでしたが、隣で手続きしていたお兄ちゃんがけっこうモメていたので、興味津々で見ていました。
自分の会社の得喪手続きをしながら横で覗いていただけなので正確ではないかもしれませんが、どうやらその会社は定年が60歳なのですが当該退職者に業務の都合で60歳を超えて数ヶ月働いてもらったみたいで(つまり60歳数ヶ月での退職)、そうすると職安いわく「離職理由は定年とはできない」のだそうです。
そんなもんなんですかね〜
なんか腑に落ちないですけどね・・・

あと、明日徴収法のハイレベル答練なので、意識して今日に労働保険の年度更新の申告書を作成しました。
業務をしながら徴収法の確認もできて、一石二鳥です(^^)
計画通り♪♪♪


【今日の勉強】
徴収法・・・GoukakuClub択一式全12問、ひよこ塾復習、ハーフ模試復習、IDE中間模試復習

【今日の勉強関連出費】
アイスコーヒー、ジャーマンソーセージ代(ベローチェ)・・・360円
【 今日の勉強時間: 2.0 時間 】   【 今日使ったお金: 360 円 】
posted by エル99 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月21日

社労士受験日記に参戦!!

社労士受験生を応援するサイトがあります。
私はほとんどこのサイトは見ていなかったのですが、合格発表日の後はさすがに気になって見にいきました。
すると、ここの名物「受験生日記」のライターを募集していたので、なんとなく応募してみました。
日記ライターの応募者は多いらしく抽選とのことだったので、気軽に応募してしまったのですが、なんと!!抽選に通ってこれから1年日記を書くことになってしまいました(^^;)
人間は弱い生き物でとにかく楽なほうに流されるから、ここで日記を書くことによって自分を律することができるから、自分にとっては抽選に通ったのはラッキーだったかもしれません。

ということで、このブログでも社労士関連の話題はいろいろ書いてきましたけど、これからは社労士関連の話題は「受験生日記」のほうで書きますので、今後このブログはそれ以外の話題を書いていこうと思います。

そんなにネタがあるのか?

という不安は大いにありますけど(笑)
ちょっとサボリ気味だから、こっちもがんばらないとね!!

↓↓↓社労士受験生日記のURLです↓↓↓
http://www.saitan.jp/nikki19/index_rive_east.html
ご興味のある方は覗いてみてくださいね。
リベンジ東軍で、ここと同じHN「エル99」で23日から公開予定でするんるん

posted by エル99 at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

社労士本試験復習B(択一式=労基・安衛A)

さてさて、悪夢の労基・安衛(択一式)の復習の続きです。

今日は問5から。
誤りの肢を探す問題。
A…完全に押さえていました。賃金の千円未満の端数を翌月に繰り越すのはOKだから、この肢は正しい。
B…三六協定を結ばずに時間外労働をさせたら割増賃金を払わなくてもよいってこと? そんなわけないじゃん。明らかに誤りの肢だから、これが正解肢。
C…休日を振り替えた場合に、その週の労働時間が法定労働時間を超えた場合は、当然割増賃金が必要になりますから、この肢は正しい。
D…三六協定が結ばれていれば、基本的に労働者は時間外労働を命じられたらその義務がある。判例は見た記憶がないけれど、私の常識に照らせばその通りだと思います。核心はないけれど、たぶん正しい肢。
E…出来高払制や請負制の労働者の割増賃金の基礎となる賃金は、出来高払いで計算された賃金を総労働時間で除して得た額とする。これも根拠となる条文や通達はわからないけれど、常識的にそうだろうと思うので、たぶん正しい肢。
結局、DとEの正誤判断は「たぶん正しい」というあやふやなものであったのですが、Bが明らかに間違っているので、正解肢を選択することができました。
この問題は、問1に次いで、確実に正解できた自信がありました。

続いて、問6。
正しい肢を探す問題。
A…管理監督者にも年次有給休暇の規程は適用されるので、この肢は明らかに誤り。
B…産前休業の期間は、出産日が予定より遅れ、その結果6週間を超えたとしても、年休の適用においては当然その期間も含めて出勤したものとみなすから、この肢も誤り。
C…年休の適用について出勤したものとみなされる日についての問題。たしか「子の看護休暇」は含まれていなかったよなぁという気がするので、たぶん誤りの肢。でも確信はもてず。
D…紹介派遣の後引き続き雇用された場合は、年休の適用についてはどの期間から見るのかという論点。紹介派遣のときから?それとも雇用された後から? 根拠の通達はまったく分からなかったのですが、これも私の常識に照らし合わせれば「継続して働いているのだから当然に紹介派遣のときから」だと思いました。したがってこの肢は正しく、正解肢。。。と思ってしまいました。
E…出来高払制の労働者の「通常の賃金」とは、「(賃金総額÷総労働時間)×1日平均所定労働時間」ですから、いまゆっくり落ち着いて読めば明らかにこの肢は正しいんですよね。しかし、Dが正解だと思い込んでいた上に、Eの肢の文自体がややこしくて本試験のときはワケわからない状態になっていました。そんな状態でこの肢は誤りと判断→爆死(涙)
労働基準法は、初めてみる論点が出てきたら自分の常識に照らし合わせて考えるということですから、Dの肢を正しいと判断してしまったのはやむを得ないことだったと思います。
でも、だからといってEの肢をうやむやのまま誤りと判断してはいけないですよね。
先にも書いたように、いま冷静に読めばEは正しいんですから、本試験のときにもDかEかの二択で悩むこともできたはずです。
そこで、必ずしもDを外すことができたかはわからないですが、そこまでやってDを選んで不正解であればまだ納得もいくのですけれど、今回みたいにEをよく読まずに「どうせ誤りだよ」と勝手な判断でEを外してしまったのは、この問6も問2に続いて非常にくいの残る問題となってしまいました。

問7は誤りの肢を探す問題。
A…予告手当の支払い無しに解雇通知をしても即時解雇は無効だが、通知後30日を経過したときに解雇の効力が発生する。この判例はどこかで見た記憶がありました。正しい肢。
B…解雇の予告の日数は、1日について平均賃金を支払えば、その日数を短縮できる。その通り正しい肢。ただ、いま思えば「平均賃金」を「通常支払われる賃金」等に変えられて誤りを作られたら対応できなかったと思います。これは今この場で確実に覚えます!
C…解雇の場合は、労働者がその理由について証明書を請求した場合は交付しなければならないのは押さえていましたが、有期契約で契約が更新されなかった場合はどうなのか? 完全に記憶から抜け落ちていてさっぱりわかりませんでした(いまテキストを見たら思い切り重要マークがついてるじゃん!泣)。必要な気もするし、いらない気もするし、、、うーん、この肢は他の肢を見てからもう一度考えようということに。
D…有期契約を結んだ労働者は1年を経過した日以後においてはいつでも退職することができる。だからこの肢は正解!!って、60歳以上の労働者や高度な専門的知識を持つ者には、この規定は適用されないんですね… これも記憶から完全に抜け落ちていました。これもテキストにはラインマーカーが引いてある箇所なのに…(泣×2)
E…これはその通りですよね。根拠の通達までは覚えていませんが、これが誤りであるならば、懲戒解雇に相当する事件を起こした者でも監督署の認定を受けるまで懲戒解雇できなくなってしまいます。そんなことがあるわけはないので、この肢は正しいはず。
そんなわけで、Dの誤りを見抜けなかったため、Cのみが?の肢で残ってしまいました。
必然的にCが誤りだろうと判断して、爆死です。
Cの肢を正しいと判断することは普通に可能でしたし、Dの肢を誤りだと確実に判断することも可能でした。
でも、情けないことに明らかに誤りのDの肢の論点がきれいさっぱり頭から抜け落ちていたので、問7も得点することができませんでした。

ここまでが労働基準法の問題だったわけですが、恥ずかしながら私は、問1、問5、問6、問7、を正解できたのでは、と思い込んでいました。
論点が完璧に頭から抜け落ちていたので、誤りの肢を正しいと思い込んじゃっていたんですね。
こうなると救いようがありません。
問6はまだしも、問7は明らかにとらなきゃ駄目な問題ですよね…
こうして考えると、やっぱり労基安衛で足きりにかかってしまったのは、

私自身のせい

だということになりますね。
普通にやってれば3点はとれますよ。

アホか!私は!!

と復習していて自分を責めたくなってしまいました。
次回は安衛法を復習・振り返っていきたいと思います。
これは、絶対に自分を責めたくなるなんてことにはならないと思いますけど(笑)
posted by エル99 at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月10日

社労士本試験復習A(択一式=労基・安衛@)

なんか、選択式は雇用保険法も2点救済されたみたいですね。
この雇用法の救済で合格できた方がどれくらいいるのかわかりませんが、とにかくおめでとうございます。
これで選択式は5科目救済の22点ですか・・・
もうこんなんでは選択式試験をやる意味があるとは到底思えませんし、いっそのこと来年から廃止してもらいたいですね。
ここまでひどいと可能性はゼロではないかもしれませんね。
労災や社一で1点以下で即死の人がかわいそうすぎます・・・

まぁそれはともかく、択一式の試験を振り返ってみたいと思います。
本試験終了後、2ヵ月半たってようやくです(笑)
今日は、不合格の原因となった悪夢の労働基準法・労働安全衛生法です。

問1は誤りの肢を探す問題。
A・・・目的条文で、その通り正しい。簡単。
B・・・派遣先労働者に対して休業補償の義務があるのは派遣「元」事業主。誤りだからこれが正解。
C・・・114条の付加金の請求は2年以内にしなくてはならないから、正しい。
D・・・周知義務、どうだったかなぁ?労使協定まで周知だったっけ?→正誤判断つかず。
E・・・国家公務員は労基法は適用除外だったよな。で、国に派遣されている派遣労働者は?そもそも労基法の適用に関する特例って??→正誤判断つかず。
Eは落ち着いて読めば労基法の適用に関する特例というのは、労基法が特別に適用されるということとわかるのですが、本試験で舞い上がっていると「特例ってなに?なんなの??」ってなってしまうのです。
やっぱり精神力の強化が必要ですよね。
結局、DとEの肢の正誤判断がつかなかったものの、Bが明らかに誤りなので正解肢を選ぶことができました。
でも、こんな問題ですらBを自信をもって選べなかったのを今でも覚えています(汗)

問2は誤りの肢を探す問題。
A・・・賃金から一部控除するのに必要なのは「労働協約」ではなく「労使協定」。だからこの肢が誤りで正解肢です。私は労使協定はやや苦手なので、試験前に届出が不要な労使協定5種を丸暗記していきました。にもかかわらず、問題文が「労働協約」となっていることに気づきませんでした。なぜ気づかなかったのかはわかりません(涙)
B・・・労働者が自らの自由な意思で賃金と債権との相殺に同意した場合はOKだから、これは正しい肢。
C・・・もともと労働義務のない日には休業手当は不要。これも正しい。
D・・・よく知らないけど、付加金の請求をする前に予告手当等が支払われてしまったら理由がなくなるわけだから、普通に考えれば付加金の請求なんてできないよなぁ。たぶん正しい肢。
E・・・使用者の責に帰すべき事由があるかどうかの判断は、派遣労働者の場合は派遣「元」事業主でみるから、これも正しい肢。
Aが「労働協約」になっていることに気づかなかった私は全部正しい肢になってしまいました。
そこで正しいとは思うんだけれど、唯一根拠のなかったDを誤りの肢=正解肢として選択→不正解。
確実に取れた問題でしたし、正解しなくてはならなかった問題でした・・・
結果論ですが、この問題を落としたために今年の試験は不合格になったわけです。
非常に悔いの残る問題でしたもうやだ〜(悲しい顔)

問3も誤りの肢を探す問題。
A・・・みなし労働時間制についての文章。とくに問題はなく正しい。
B・・・産前産後休暇は85日以上の妊娠の場合で死産・流産でもOK。これも正しい。
C・・・労働契約時に書面で明示するものはなにか? これって私の苦手なところでして結局覚えきれませんでした。「所定労働日以外の日の労働の有無」って書面による明示は必要ないんですね。この肢が誤りで正解肢でしたが、私の実力ではとれませんでした・・・
D・・・出張中の休日についての問題。よくわからないけれど私の常識に照らし合わせればその通り正しい肢と思われたので、そうしました。この肢の根拠となる通達は7月に通達マスター講座で目を通していた(もちろん後から判明。笑)のですが、やっぱりというかあんまり覚えていないんですねたらーっ(汗)
E・・・週44時間まで働かせることができるのは、常時10人未満の商業・理容業、映画の製作を除く映画・演劇業、保健衛生業、接客娯楽業、だから、物品の販売の事業はこれに入っていないと思って、こいつが誤り=正解肢だと思いました。結果は不正解。物品の販売の事業は商業にあたるんですね。いま思えば「そりゃそうだ」と思えるのですが、Cの誤りを見抜けなかった私はA〜Dまで正しい肢と思い込んでいて当然Eが誤りだという先入観がありました。で、物品の販売の事業=誤りだって思っちゃったんでしょうね。

問4は正しい肢を探す問題。
A・・・変形期間中に使用者が任意に労働時間を変更することはできないから、これは明らかに誤りの肢。
B・・・なんだか言ってることがよくわからない。?の肢。でもこの通達も7月の通達マスター講座でやっているんですよね。結果、これが正解肢だっただけにものすごく残念。
C・・・まったくわからない。私の常識で考えるとなんとなく正しい気もするし、とりあえず?の肢。
D・・・なんとなく正しい肢っぽく思えたけど、この場合は「個々の労働者の同意」ではなくて「過半数労組、過半数代表者の同意」でいいんだって。たしかにテキストには載っていたけど、そこまでは押さえていませんでした。
E・・・満15歳以上満18歳未満の者の変形労働時間制の特例についての文章。変形労働時間制は不可だが、1週48時間、1日8時間を超えない範囲であればOKだけれど、この文では「1日10時間」となっているから明らかに誤りの肢。
結局問4は、B、C、Dの3つの肢が残って、それ以上まったく判断がつきませんでした。
わからないときはDというK先生の言葉を信じてDを選択するも、正解肢はB。
別にK先生を恨んでいるわけではないですよ(笑)
でも残念!!
これも1/3の確率で当たってたら、合格だったんだよなぁ・・・
過ぎたことを悔やんでもしかたないのは充分わかっているのですが、それでも不運を嘆きたくなるのは私だけでしょうか?
実力でとれなかったんだから仕方がないときれいさっぱり割り切れるほど、私は人間ができていないみたいです・・・

で、一気に問10まで振り返って労基安衛を終わりにしたかったのですが、ブログに記事をアップしながら復習するのってかなり疲れますね。
1日で3〜4問が限界みたい。
ということで、今日は問4までにしておきます。
毎日、復習について記事を書くわけでもないので、全科目の全問題をここで振り返るまでには相当の時間がかかりそうですが、ここに書くこともけっこう自分の身になりそうな感じですので、マイペースで記事をアップしていきたいと思います。
まだ来年の本試験まで9ヵ月半もありますしね(笑)
posted by エル99 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

社会保険労務士合格発表日

今日は、社労士の合格発表日でしたね。
択一の労基安衛2点で足きりが確定している私は、合格発表自体はもう興味のないことになってしまっていたのですが、合格基準については興味津々でした。
会社に行って、仕事もせずにさっそく試験センターのホームページを開きました(笑)
結果、合格基準は、
選択式は22点以上で、労基安衛、労災、社一、厚年、は2点救済、
択一式は41点以上で、労基安衛、一般常識、は3点救済、
でした。

えっ???

選択式22点以上??

なにそれ???

凡ミスを繰り返した私でも、選択式は結果的にはクリアできていた(労基安衛、労災、社一2点の計29点)のですが、22点はないんじゃない?
選択式試験は40点満点ですから、22点ていうことは正答率55%ですよ?
こんなことをするのなら、例年通り27〜28点にして、労災か社一を1点救済すべきだったと思います。
穿った見方をすれば、22点の特定の誰かをどうしても合格させるために、こんな合格基準にしてのでは?と思っちゃいますよね。
で、きっとその誰かは厚年が2点だったと…(笑)

それから択一式ですが、41点というのは、基準が公表されるようになってからの最低点です。
択一式の問題は、労基安衛と厚年が難しかったと言われていましたが、厚年は救済がかからず、代わりに一般常識が救済されました。
たしかに労一の問題は無茶苦茶だったですけど、社一が簡単でしたから、厚年を救済せずに一般常識を救済するのはどうなの?って思いますね。
一般常識を救済してもいいけど、するのなら厚年も当然すべきでしょ?
それに、厚年、なんで選択式で救済がかかって択一式でかからないの?
救済するなら

逆じゃん!!

これも、厚年を救済すると合格率が高くなりすぎてしまうけどなにも救済しないと逆に低くなりすぎてしまうので、単に合格率を調整するためだけに一般常識を救済科目にしたとかいう、穿った見方をされてしまうわけです。
こんなことなら、いっそのこと救済措置なんて

一切廃止

したほうがいいんじゃないの?
そのほうがみんなすっきりすると思います。
選択式では足きり救済されまくっている私が言うのもなんですが、でも不合格だから言ってもいいですよね(笑)

それから正答も発表されて、私の成績は結局
労基安衛2、労災徴収8、雇用徴収8、一般常識5、健保6、厚年5、国年9、で計43点でした。
過ぎたことを悔やんでも仕方ないのですが、労基安衛であと1問まぐれ当たりしていれば合格だったんですよね…
正解の2問は確信をもって答えた問題だった(実は確信があったのは3問あったのに1問不正解でした…恥)ので、残り8問のうちあと1問くらいまぐれ当たりしてもいいのに…
ちなみに、8問を全部ヤマカンで答えて全部間違える確率は

わずか約17%

です(笑)
しかし、自分が択一式で足きりにかかるなんて思ってもいなかったし、択一式で足きりにかかる人は単純に実力不足と考えていました(今でも思っています)から、今回の出来では

落ちて当然

です。
正直、勉強のペースはまったくといっていいほど上がっていませんが、来年はこんなわけのわからない救済措置に翻弄されるようなことのない、文句のつけようのない成績を残してやろうと強く思いました。
なかなか本試験の復習をアップできていませんが、今日の夜(遅くても明日)あたりには、悪夢の労基安衛を振り返ってみたいと思っています。
posted by エル99 at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

社労士本試験反省日記(選択式)

「鉄は熱いうちに打て」ということで、私のやる気があるうちにさっそく今年の社労士本試験問題を振り返ってみたいと思います。

では選択式から。
選択式試験は、各科目膨大な範囲の中から

わずか5箇所

の空欄を埋めるだけで判断されてしまうので、運に左右されるところがどうしても否めない試験です。
基準点は3点ですから、万一押さえていない論点がでてきたらその時点で1年間の苦労が水泡に帰してしまうんだから、とんでもない試験ですよね。
しかし、そうはいっても、社労士を目指すからにはここをパスしないといけないわけですから、できる限りの対策を練らなくてはいけないのですが…

最初の科目は、「労働基準法及び労働安全衛生法」です。
この科目のAの空欄が、私にとって本試験最初の問題でした。
これ、「客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合」ってソラでも言えるほどに覚えていました。
ですから、ここが空欄になっているのを見たときには「やったーっ」って内心小躍りして、選択肢を見ました。
迷うことなく19番。
試験終了後、解答速報をもらったときも当然19番が正解って信じ込んでいました。
他科目が不本意で家でやけ酒をしていたとき、ふと解答速報が12番になっているのに気づきました。

エーッ、なんで???

見返してみると、「客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない」となっているのは12番で、19番は「正当な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない」となっていました。
知らない人が見たら、どっちも似たような内容ですが、繰り返し条文を読んできた私(私だけに限らないと思いますが)にとっては、19番の表現は違和感ありまくりで、正解は12番でしかありえないのです。
なんで19番を選んだんだろう?
おそらく

舞い上がっていて

後半部分の「社会通念上相当であると認められない」という文言が目に入った瞬間、これが正解と思い込み、他の選択肢を見ることすらなかったのだと思います。

本試験の雰囲気に飲まれました…

雰囲気に飲まれるなんてありえないと思っていましたが、あるんですねぇ…
情けなさ過ぎる…(泣)
Bの空欄は、ミス問で正解が2つある(3番と4番の肢が両方正しい)おそまつな問題でしたが、この論点を押さえていなかった私はまったくわからず、1番を選択。
問題以上におそまつだったのは私でした(大泣)
C・Dは押さえていました。
8番と17番を難なく選択。
Eは悩みました。
面接指導は安衛法の法改正の目玉です。
正解は10番の「勧奨」でこのキーワードは頭に思いっきり残っていたのですが、「勧奨」がでてきたのはここじゃなかったよな、なんて勝手なことを思って、15番の「指導」を選択→玉砕。
結果、この

労基・安衛は、2点。

いきなり足きりです…
ただ、ミス問のBが3番と4番のダブル正解にならず、どちらかが正解なのに不正解となるようです。
そのせいで、労基・安衛の足きりは2点救済がかかるかも、と言われています。
そうなったら私みたいなどちらにしろわからなかった人はラッキーですね。
いずれ振り返る労基・安衛の択一がなかったら、今ごろドキドキもしていたんでしょうけど…

次は、今年の選択式のヤマであった「労働者災害補償保険法」です。
AとBは、さっぱりわかりません。
どちらかに19番の「労働者災害補償保険法施行規則」が入るんだろうな、とは思いましたが。
試験前、某サイトで、このような場合どうするというテーマで盛り上がって?いて、そういうときは両方にその語句を入れる(この場合はAとBともに19番を入れる)のが受験テクニックだと誰かが言っていました。
それなのに、私は両方正解を狙いにいって、Aに19番、Bに20番でマーク。
正解はAが17番、Bが19番で両方玉砕。
C、Eはなぜか「業務(通勤)に起因することの明らかな疾病」というフレーズが頭の片隅に残っていて、正解肢を選ぶことができました。
Dはまったくわからず、勘で入れて玉砕。
結果、

労災も2点

で、足きりです。
労災はおそらく2点救済が行われると思いますが、それでもAとB両方に19番を入れておけば3点で救済なんか関係なかったわけです。
もし来年このような場面に出くわしたら、両方に同じ番号をマークして確実に1点をとるということを心に刻みました。

3問目は「雇用保険法」、4問目は「労務管理その他の労働に関する一般常識」
これはどっちも簡単でした。
労一は試験前けっこうビビッていたのですが、やや拍子抜け。

雇用、労一→ともに5点ゲット♪

続いては「社会保険に関する一般常識」。
今年の選択式試験において労災と並ぶ難問、そして労災と異なるのは

最低の悪問

であった科目です。
私は、選択式のために厚生労働白書対策は万全にして試験に臨みました。
しかし、問題の出典は30年以上も前の文献で、設問自体が崩壊しているような感じです。
こんな問題じゃあ一生懸命努力してきた受験生は報われないですよね(怒)むかっ(怒り)むかっ(怒り)むかっ(怒り)
ホントに出題者も少しは考えてもらいたいものですパンチ
ですが、最初に書いたとおり、そうはいっても社労士を目指すにはこんな最低の悪問にも対処していかねばなりません。
で、まずAの空欄ですが、わからないので後回し。
Bは組合があるものらしいので、そういう観点で考えてみたのですが、やっぱりわかりません。
感覚的に違うとは思いつつも、エイヤッって感じで、11番の「地方公務員共済組合」を選択するも、玉砕。
正解は2番の「国民健康保険」でしたが、よく考えればこれが感覚的にも最もフィットしますよね。
国保も組合があることが、本試験中は頭から完全に消えていました。
これも本試験で舞い上がっていたということなんでしょうかね?(苦)
Cだけは、18番の「健康保険」だとすぐに分かり、Dも、Cが健康保険なら10番の「標準報酬」になるかなぁと、なんとなくですが正解を導けました。
Eもその流れで8番の「雇用保険」を選択しましたが、こちらは残念ながらハズレ。
で、残ったAの空欄を再度考えてみました。
明らかに違うものを消していって、残ったのが3番の「年金保険」と9番の「医療保険」。
どちらを入れてみても、感覚的にしっくりきません。
仕方ないから、もう勘で3番を選びましたが、どうやら正解は9番らしいです。
こんな問題わからないよ!!むかっ(怒り)
で、

社一は2点

に終わりました。
これも足きりですが、こんな最悪な問題なら間違いなく救済がかかるでしょうね。
ただ、3点ならとれたよな、と反省すべき点はいっぱいです。

その次は「健康保険法」。

健保は難なく5点をゲット

できました。
しかし、いまやったらEの空欄とかは埋まらないですね。
2ヶ月で記憶がかなりトンでいます
勉強し直さなくちゃ!!

続いて年金科目に入って「厚生年金保険法」。
E以外は簡単でした。
68歳を境に年金額を算定する「再評価率」の基準が「名目手取り賃金率」から「物価変動率」に変わることを押さえていれば、A〜Dまでは難なく解けます。
でも、厚生年金の膨大な範囲をほとんど押さえていたのにもかかわらず、ここだけがあやふやだったりど忘れしちゃったりしてしまったら、一発でアウトになってしまいますから、やっぱり恐ろしい試験です。
っていうか、繰り返しになりますが、やっぱりこの「選択式」という試験には疑問を感じざるを得ませんね。
あと、Eの空欄はさっぱりわかりませんでした。
勘で入れてみましたが、やはり当たることはなかったです。
ということで、

厚生年金は4点

でした。

最後の科目は「国民年金法」です。
完璧には空欄を埋めてはいけませんでしたが、文章をよく読みながらひとつひとつ選択肢を当てはめていってみると、必然的に正解肢が浮かび上がってきました。
すぐに分かったのはEの空欄だけでしたが、最終的にはA、B、D、Eの4つを正解することができました。

国民年金も4点

です。

これで選択式試験は終わりです。
結局、

総得点は29点

で、科目別は順に2、2、5、5、2、5、4、4でした。
総合点の基準の28点はなんとかクリアしたものの、科目別で3科目足きりという情けない結果です。
一応、労災・社一は救済確実で、労基安衛も救済の可能性もありますので、選択式だけみればパスする可能性もあるのですが、これじゃあ駄目です。
運に左右されるとはいえ、すべての科目で3点はキープすることはできたはず。
少し、精神的な弱さを露呈してしまった感が強いです。
模試を1つしか受けなかったのも影響しているのかもしれないですね。
実戦不足というやつです。
来年に向けての課題がある程度見えてきた感じがします。
posted by エル99 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。