2006年11月28日

野田聖子ほど最低な政治家はいない

郵政民営化に反対した「造反議員」は、平沼赳夫を除く11名が自民党に復帰するみたいですね。
来年の参議院選挙を見据えての

自民党の茶番劇

には呆れるしかありません。
しょせん安倍晋三のやることは、この程度のレベルですね・・・
でも今日のブログの目的は安倍晋三の低脳ぶりを叩くことではありません。
今日ものすごく不愉快に思ったのは、自民党に復帰するためならなりふりかまわない

野田聖子の醜い言い訳

です。
以下にYahooのニュースの記事をコピペしてみます。

野田議員は「再度、自由民主党という場所で、全力で仕事をしたいという気持ちが強かったものですから、その思いがかなえられるということで、大変うれしく思います。(郵政民営化に対する姿勢は?)選挙で、国民の大勢が下した判断は、この国は郵政民営化の流れを取るんだという、真摯(しんし)な事実がありましたから、国民にお仕えする1人としては、いたずらにあらがうことなく、その方向を多くの国民が望んでいるのであれば、それはやはり、きちっと受け止めようと」と語った。

はぁ???

なにを自分に都合のいいように言ってるの?って感じですよね。
だいたいコイツは、「郵政民営化反対」というコイツの信念に共感した有権者に支えられて当選できたわけでしょ?
自民党に戻るために、コイツを当選させてくれたすべての有権者を裏切ったわけです。
要は、自民党に戻ると言う自分の利益がなによりも優先されて、そのためには自分を支えてくれたものだって躊躇なく裏切るということなんですよね。
さらに悪質なのは、裏切っているのに欺瞞に満ちた無茶苦茶な言い訳を平気な顔をしてイケシャーシャーと言うことです。
そもそも政治家なんて人種はだいたいこんな感じだとは思っていますが、ここまであからさまにやってしまう野田聖子はホントどーなんでしょ??

到底許せるものではありませんよね

岐阜県民は保守的な人が多いとのことですが、さすがにこんなヤツが次も当選するほど愚かではないでしょう。
次の選挙はまだまだ先だとは思いますが、良識ある岐阜県民がこの最低女を政界から追放してくれることを心から祈っています。
posted by エル99 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

5年間で出勤8日なのに給料満額貰う奈良市職員A

さて、このとんでもない野郎の話の続きです。
コイツが病気欠勤(←ウソですが)中にもポルシェを乗り回していて、勝手にキズを作って市に補償を求めていたのは、前回書いたとおりですが、この野郎はさらにものすごいことをしていたらしいですね。
なんと妻が経営している会社に仕事を回すように圧力をかけていたらしいのです。
もちろん、一般の職員ごときが市に圧力をかけることなんかできません。
なんとコイツは

「部落解放同盟」の幹部

だったらしいのです。
私は、たいへん失礼なのですが、部落問題というものに興味がなかったので、この団体についてもよく知りませんでした。
この事件が発覚して少し調べてみたので、ちょっと書いてみますが、なんせ付け焼刃な知識ですから、間違っていたらどなたでもけっこうですので、指摘してくださいね。
訂正しますので・・・

で、私が調べた(といっても大して調べたわけでもないのですが)ところによると、江戸時代に「士農工商」という身分制度があったことは、多くの人がご存知だと思います。
しかし、「商」の下に、さらに「穢多(えた)・非人」というものがあったのです。
ここまでは私も日本史を勉強していたので、知っていました。
明治に入って「四民平等」となり、身分制度は一応なくなったのですが、彼らが「新平民」と呼ばれ、ずっと現在に至るまで「穢多・非人」の子孫の方たちはいろいろな差別を受けつづけてきたそうなんですね。
この差別をなくすための活動をしているのが「部落解放同盟」だそうです。
差別されて就職も難しいから、市役所で優先的に彼らを職員採用したりしているのも、その活動成果のひとつです。
こう考えると、非常に素晴らしい団体なのですが、実際はけっこうひどいのもいて、
「差別してきたんだから、○○をよこせ」
「差別してきたんだから、こちらの要求を飲め」
みたいなヤクザ顔負けのこともやっているみたいです。
いつまでも「戦争責任」「謝罪しろ」とか言っているどこかの国みたいですね(笑)
余談はそれくらいにしておいて、こんな無茶苦茶・理不尽な要求をするものだから、「部落解放同盟」の幹部連中はけっこう恐れられているみたいなのです。
要求を撥ね付ければ、「差別だ」とか「反省していない」とか騒ぎ立てられてしまいますし、他の団体とかと連携をとられてもっと大事になってしまうからです。
で、コイツは幹部という立場を利用して、自分の妻の経営する会社に市の仕事を回すように圧力をかけたというわけです。
病気で出勤できないくせに、部落解放同盟の幹部として市役所に圧力をかけにいくことはできるんだ?
まぁ出勤していたとしても、こんなこと許されることじゃありませんが・・・
つまり、コイツは差別問題をなくそうとしていたのではなく、差別問題を

飯のタネ

にしていたでけなのです。
部落解放同盟にも、差別を完全になくすことを目標として一生懸命頑張っている人たちもいっぱいいると思います。
しかし、コイツの行動で全国の部落解放同盟の信用もがた落ちです。
コイツは奈良市民の税金をかすめとっただけでなく、そういった地道に頑張って活動している人たちも裏切ったのです。

ホントに、こんなヤツ、生かしておく価値があるんでしょうか?
昨日、ようやく懲戒解雇が決定したそうですが、それだけで済ませちゃいけないと思うのは私だけではないと思いますね。
posted by エル99 at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

5年間で出勤8日なのに給料満額貰う奈良市職員@

少しタイムリーなニュースではありませんが、5年間で8日しか出勤せずに給料をほとんど満額もらっていたとんでもない奈良市職員がいたそうですね。
まず最初に一言どうしても言いたいんですけど、なんでコイツの

実名が晒されないの?

で、なんでも奈良市の規程では、一つの疾病につき90日間は休んでも給料が保証されるそうで、このとんでもない野郎はこの規程を悪用したそうです。
つまり、90日が近づくと新しい別の疾病の診断書を提出して、さらに給料保証90日の延長をとっていく、といったやり方です。
まぁ100歩譲って、これが本当に病気になっていたのなら、納得はいかないもののルールですから仕方ないかなとも思うのですが、どうやらコイツはインチキの診断書を提出していたらしいですね。
そりゃそうですよ、都合よく90日ごとに新しい病気になるわけないじゃん。
こんな不自然なこと、こどもだってわかりますよ。
それにもかかわらず、コイツに給料を支払い続けていた

奈良市って馬鹿の集まりですか?

当然コイツは、奈良市民の皆さんの税金をインチキしてくすねとっていたわけですから、懲戒解雇どころじゃすまないですよね。
ところが、奈良市はなかなかコイツを処分せず、規程により給料を支払ったのは正当とかのたまいました。
世論のあまりの反発に、あわてて懲戒解雇を検討し始めたみたいですけど。
もう一回言っておきますね。

奈良市って馬鹿の集まりですか?

さらにコイツはインチキとはいえ、診断書を提出して病欠中のくせに、車高の低いポルシェを乗り回し、8センチの段差があるところで車が傷ついたとかで、こんな段差を放置した奈良市に責任があるということで市に補償を求めたとのことです。
人間が腐りまくっているヤツは、とことんやるんだなってある意味感心してしまうくらいだったのですが、これに対して奈良市は「今回も補償する方向」なんですって。

ただ、ただ、もう呆れちゃいます。

出勤できないほど病気なのにポルシェを乗り回していたことについては不問なんですか?
それに「今回『も』補償する」って、前にもコイツに奈良市民の血税をプレゼントしていたってことですよね?
コイツ自身は、もう

死刑

でいいし(だって生かす価値ないもんね、こんなヤツ!)、コイツに血税をプレゼントした奈良市の幹部も処分されてしかるべきですよね!!

とりあえず、今日はいったんこのへんで中断しますが、まだまだとんでもない悪事を働いているコイツに次回も怒りをぶつけたいと思います!!(怒パンチパンチ怒)


posted by エル99 at 21:25| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

安倍新内閣がスタート

今日から安倍新内閣がスタートしました。
私は安倍晋三がなんでそんなに人気があるのかわからないんですが、皆さんはわかります?
とくにありえないのが、「安倍さんはさわやかなイメージがある」っていう意見ですけど、

安倍晋三ってさわやかですか?

まぁそんなのは人それぞれの主観ですから、ニッポンを良い方向に導いてくれれば、さわやかだろうがさわやかでなかろうが、どうでもいいんですけどね。
しかし、正直あんまり期待していません。
「美しい国」とかよく言ってますけれど、そういうあいまいな表現はいらないんですよ。
もっと具体的に政策を主張してほしいですね。
あいまいな表現で逃げるのは、私の会社のダメ社長とそっくりです(笑)
このブログを書いているあいだ、安倍さんが首相就任会見をやっていて、BGM代わりに聞いていましたが、こんなことを言っていました。
「私の給料を30%カットして、まず自ら範を正す」
表現は多少違ったかもしれませんが、だいたいこんな内容です。
まちゃまちゃじゃないけど、

ハァ??

って感じですね。
こんな子どもだましみたいなことで、「安倍さん、すごいなぁ」って思っちゃう国民が果たしているんでしょうかね?
だいたい裏?のルートで多額の献金を得ているんだろうから、給料カットといったって、蚊に刺された程度なんじゃないのかな、なんて思っちゃうんですよ。
まぁこの発言で、私には安倍さんの器が知れてしまった感じがしました。

そうはいっても、私はニッポン大好きな人ですから、安倍政権によってニッポンがさらに悪化してしまっては困るわけです。
ですから、安倍首相にはいい意味で私の予想を裏切ってもらいたいものです。
頼むから小泉のような馬鹿首相にはならないでくださいね。
でも、小泉政治の継承とか言ってたし、そうなりそうな嫌な予感がすごくするんですけど・・・たらーっ(汗)

posted by エル99 at 21:49| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

新司法試験の合格率が48%

今日、今年から導入された新司法試験の合格発表があり、合格率はなんと48%だそうです。
法科大学院を修了した者にしか受験資格がないため、母集団のレベルがかなり高いとはいえ、ちょっと合格率高すぎじゃない?っていうのが率直な感想です。
私は司法試験を受けようなんて考えたこともありませんから、試験の仕組みも基本的なことしか知りませんが、これは旧司法試験を通ってきた人たちはきっと面白くないんだろうなぁって思います。
だってどっちが合格しやすいかっていったら、間違いなく新司法試験でしょうからね。
法科大学院といったって、申し訳ないけど名前も聞いたこともないような大学に法科大学院がある場合だってありますしね。
ですから、旧司法試験の合格者と新司法試験の合格者の知識のレベルを比較したら、だいたい旧司法試験のほうが圧勝するでしょう。

そうはいっても近い将来、今の弁護士たち(旧司法試験合格者)より知識レベルがやや低い新司法試験合格者が法曹界に入ってくるわけですけれど、私たち一般庶民にとっては、これは歓迎すべきことなんじゃないかって思います。
なぜなら、

知識レベルの高い弁護士イコール良い弁護士ではない

からです。
頭はものすごくいいけど偉そうで常に人を見下している感じの弁護士と、知識にやや不安があるものの依頼者のことを親身になって考えてくれる弁護士だったら、どっちがいいですか?

当然、後者

ですよね。
法曹界の人数が増えることによって、当然自由競争が発生し、資格にあぐらをかいてきた

質の悪い弁護士は淘汰される

でしょう。
たしかに司法試験はニッポンの資格の最高峰なわけですが、でも弁護士だってサービス業なわけですから、やっぱりお客様(依頼者)ありきだと思うんです。
別に弁護士に嫌な思いをさせられたことがあるわけではないですけど(笑)、やっぱり弁護士って敷居が高い感じがするじゃないですか。
新司法試験により人数が増えることによって、そういうのが緩和されていくといいなって思います。

一応言っておきますけど、なんか新司法試験が頭悪いみたいな感じの文章になっちゃってますが、ぜんぜんそんなことはないですからね!
旧司法試験と比べたらっていうだけで、司法試験なわけですからめちゃめちゃ難しいと思います。
合格率が高くたって、最初に言いましたけど受験生の母集団のレベルが高いんですから。
社労士試験の合格率が8%だからといって、社労士試験のほうが新司法試験より難しいわけじゃあないのです(笑)

ニュースで合格者がインタビューを受けていて、嬉しそうにこう言っていました。

「毎日16時間勉強してきた甲斐がありました」

すっげーっ!! 私にはとてもじゃないけど出来ません。
たまに世間の一般常識とかけ離れた判決を出す裁判官とか、わけのわからない主張をして弁護活動をする弁護士とかいますが、勉強のしすぎでそういった世間の一般常識に疎くなってしまうんでしょうかね?
勉強に多くの時間を費やした人がすべて一般常識に疎くなるわけでもないので、概ねその人の資質の問題だとは思いますが・・・
インタビューを受けていた彼が、そういうタイプの人間にならないことを心よりお祈りいたします(笑)

posted by エル99 at 22:24| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

将来9月6日は天皇誕生日で祝日です

秋篠宮妃・紀子さんが男の子を出産されました。
私もいち日本国民としてひとこと申し上げたいと思います。

おめでとうございます

私は、皇室はニッポンの象徴ですから存在すべきものだと思いますが、だからといって皇族だから偉いとは思っていませんので、普段から紀子「さま」なんて言わずに、紀子「さん」と言っています。
いろいろな意見があるでしょうけれど、だってたとえば皇太子のお子さんに「愛子さま」なんて絶対におかしい気がしません?
あんな小さい子どもは「愛子ちゃん」でしょ?
呼び捨てにしてたら少し問題があるかもしれないですけど、皇室に親しみを込めて「愛子ちゃん」と言っているのだから、ぜんぜんOKだと思うんですけどね。

まぁ今日は皇族の方への敬称についてをテーマにするわけではないので、とりあえずそれはどっかにおいておきます(笑)
男の子が産まれたということで、女系天皇を可能にしようという皇室典範の改正問題もひとまず終息すると思われます。
ところが、社民党のバカ党首・福島瑞穂は、「男女ともに皇位継承があっても良いんじゃないか。一般論として男女平等の観点から、将来は改正が必要だ」などとコメントしております。
まず「おめでとうございます」とか

祝辞を述べるのが普通

なんじゃないの?

なにが男女平等だよ?

そもそも一般論とか言ってるけど、

皇室は一般人とは違う世界

なんだよ?
本当にこういうバカなフェミニストは困ったものです。
共産党ですら「おめでとうございます」と言っているのにね(笑)
たしかに男と女は平等であるべきですが、男と女は根本的に違うものであるということを忘れてはいけません。
ですから、男女が必ずしも同じように扱われない場合もあります。
これは、認容すべき差であり、こういうものまで同じにしようとすると、おかしなことになるわけです。
まして、皇室の男系については2千年近く続いてきた

ニッポンの伝統

なのです。
そんなものを、祝辞のひとつも言えない程の非常識人・福島瑞穂のわけのわからないフェミ論で変えられるわけがないでしょう。
昔、大阪のバカ女知事が女人禁制である土俵の上で優勝力士を表彰したいといって、相撲教会とモメたことがあったのを思い出しました。
「男女平等なんだから、女性が土俵に上がれないのはおかしい」とか言っていましたが、

アホかっつーの!!

どうして、こういうアホなことを平気で言えるのかが不思議です。
さっきも言いましたが、男と女は根本的に違うわけですから、なにもかも同じになんかできないのです。
このような男女の違いから生じる差は認容すべきである差だというのが、なぜわからないんでしょうかね?
そんなこといいだしたら、ラッシュ時の女性専用車両とか、いろいろなお店のレディースデーとかも駄目になっちゃいますよ?
もっと極端なことをいえば、男女平等だから男も女風呂に入れろみたいなことにもなっちゃいます。

まぁ女系天皇がらみの皇室典範改正については、戦後最強?の口先総理・小泉純一郎が半年くらい前に言い出して話題になったのですが、小泉は別にフェミでもなんでもなくて、ただ単に自分が首相のうちになんか目立つことをやっておきたかったというだけですから、これはこれで笑っちゃいます。
小泉のくだらないスタンドプレーで皇室2千年の伝統を変えられてしまったらたまったものではありません。
仮に女系天皇を認めるように皇室典範を変えていくのであれば、少なくとも十年以上かけて議論すべき問題だと私は思います。
例の独裁ぶりを発揮してむりやり皇室典範改正にもっていこうとした矢先に紀子さんのご懐妊が判明し、それを聞いたときの小泉の焦った顔は今でも忘れられません(笑)
だいたい、あの福島瑞穂と小泉が、結果としては

同じ結論を目指している

というのも笑っちゃいますよね。

まぁそういうことで、今日産まれた男の子は将来天皇になるわけです。
順位としては、@皇太子、A秋篠宮、B男の子、になりますね。
皇太子と秋篠宮は私より年上ですから、仮に人間が先に生まれた者から順番通りに亡くなっていくのであれば、私が生きているうちにこの男の子は天皇になります。
もっとも私は不健康極まりないですから、必ずしも順番通りではなく、先に死んでしまう可能性も大な気もしますが・・・(苦笑)
なんとか私がそのときまで生き残っていれば、9月6日が天皇誕生日、すなわち祝日になり、なんと!

私の誕生日の翌日が祝日になる

という非常にめでたいことになるのです。
もうそのころは生きていてもクソジジイでしょうから、祝日でもあんまり関係ないのかもしれないですけど。
いろいろ福島瑞穂や小泉の悪口で長くなりましたが、要するに今日はこのことが書きたかっただけだったのでした(笑)

〈追記〉
紀子さんが、「国民の役に立つことであれば」と臍帯血(さいたいけつ)の提供を申し出ていたことが明らかになりました。
私ごときが言うのもなんですが、紀子さん素晴らしいです。
とても感動しています。
posted by エル99 at 19:50| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

どうなる?太陽系

こないだ太陽系に3つの新惑星が認定されるというニュースについて書きましたが、なんと!今日の新聞によると

太陽系惑星8個に

って書いてあるじゃあないですか!

どうやら冥王星が除外されて決着するようです。
国際天文学連合はいったいどうなっているんですかね?
ついこないだ惑星を3つ増やすと言ったばかりなのに、舌の根も乾かないうちに今度は

冥王星を惑星から除外

なんですって。
国際天文学連合っていう団体が普段なにをやっているのかは知りませんが、だいたい惑星の数を増やすなんていうのは、この団体にとっては超重要事項なはずです。
それを、増やしたり減らしたり、なんらかの権力闘争のニオイがするのは私だけ?(←今日もだいたひかる風)

まぁそんな権力闘争?はおいといて、個人的な感想は、やっぱり小惑星やカイパーベルト天体は昔からの8大惑星とは違いますよ。
ただ単に「水金地火木土天海冥」って語呂で覚えていた人にはピンとこないかもしれないですけど、冥王星は明らかに異質な存在ですからね。
冥王星除外というのは、至極妥当な結論だと思います。
こないだの記事にコメントで追加しておいたように、冥王星はたまたま最初に発見されたカイパーベルト天体のひとつにすぎないというのは間違いないでしょうから。
火星より内側に未発見の地球型惑星があることは100%ありえませんから、もし新惑星があるとしたら、カイパーベルト天体の外側に木製型のガス惑星が存在している場合だけでしょうね。
もし、そんな惑星が存在していたらものすごく夢があるんですけど、ちょっと難しいかな?

せっかく天文学で夢のある話をしているので、もうひとつ。
かなり先の話になりますが、2009年7月22日の昼にに九州奄美地方で皆既日食(東京では部分日食)、2012年5月21日の朝に東京で金環食が見られます。
私は日食を見たことがないので、これはもう

20年前

くらいから楽しみにしている私の人生で最大級のイベント(←けっして大げさではないです)なのです。
日食のときしか見られないコロナや、日食の最後のダイヤモンドリングはそれは感動的だそうですよ。
コロナとか説明するのが面倒くさいので、興味のある方はネットで検索してみてください(笑)
でも、天文ファンでないと、皆既日食は知ってても、ひょっとしたら金環食も知らないかもしれないので、金環食だけ説明しておきますね。
ひとことでいえば、金環食は皆既日食の一種なのです。
ご存知のように、太陽・月・地球が一直線で並び、月が太陽をスッポリと隠してしまうのが皆既日食なのですが、太陽と地球・月の距離は常に一定ではありません。
太陽との距離が離れているときに、3つの天体が並びますと、月が太陽を隠しきれないんですね。
そうすると



みたいな感じになります。
外側の円が太陽で、内側の円が月、なわけです。
真ん中は月で隠され、外側だけが輝く形になるんですね。
想像しただけでも素晴らしい幻想的な光景なんでしょうね〜

posted by エル99 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。