2008年10月15日

佑ちゃんが壊される!!

今日の早法戦は延長14回までもつれた末、早稲田が2−0で勝って勝ち点をゲットしました。
めでたし、めでたし、ってところなのですが、ひとこと言わねば!!

オイ!応武!!

斎藤がぶっ壊れたらお前のせいだからな!!

土曜日に5イニング投げて、月曜日は148球の完封勝利。
そして今日も先発で9イニング。
斎藤の奮闘にはホント頭が下がりますが、こんな使い方してたら壊れちゃうよ?
斎藤が毎日でも投げたいって言うのは選手として当たり前の気持ちだし、その闘志は素晴らしいですけど、そこを抑えるのが監督の仕事だろーに!!
監督が目先の1勝にとらわれて、早稲田のみならず六大学のスターを潰しかねない危険を冒してどうするの?

と、私は憤慨しておりますです、ハイ。
posted by エル99 at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

あーあ…

星野ジャパンは今日も負けて、結局金どころかメダルすらとれず、という結果に終わりました(>_<)

通算成績は4勝5敗で、なんと負け越しです(呆)

今日も意味不明な采配のオンパレードでした。

ダルビッシュを最後に使うくらいなら、和田の後にダルビッシュじゃないの?
ダルビッシュがこのチームのエースといいながら、結果はどうあれダルビッシュに試合を任せたのは初戦のキューバ戦のみです。
まったくもってワケわからん!(怒)

GG佐藤の連日の草野球以下のプレー、今日もエラーしたけど、あの後すぐに交代させるべきじゃないの?
打力(←ぜんぜん打ててないけど)に期待して交代させなかったのなら、8回の打順でなぜ代打森野?
まったくもってワケわからん!(怒×2)

それから上原。
なぜ投げさせないの?
ひょっとして、負けたらおしまいの戦いの中でも勝ち試合限定の登板?
まったくもってワケわからん!(怒×3)

今日の川上のところはダルビッシュ、昨日の涌井のところや今日の成瀬のところは上原じゃないの?
そういうマトモな采配をして負けたんだったら諦めもつくというものですが、いくらなんでも酷すぎです。
星野監督ってもっとマトモな采配のできる人だと思ってたのですが、もうホントガッカリです(T_T)

次のWBCの監督には絶対に星野サンなんか選んでほしくないですね!(怒×∞)
posted by エル99 at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

なぜ?

さっき長文を書いてしまった後ですけど、どうしてもこれだけは書いておかねば!!

なにがって、星野ジャパンですよ!!むかっ(怒り)むかっ(怒り)むかっ(怒り)
韓国に負けちゃって悔しいんですが、弱いんだから仕方ないといえば仕方ない。
でも、どうみても予選のときに引き続き、これは

采配ミス

でしょう。
藤川が同点にされたところまでは理解できます。
藤川だって人間ですから、打たれることだってあります。
でもその後、

なぜ岩瀬??

まるで

意味不明

な采配ですね。
調子が悪くてあれだけ打ち込まれているピッチャーを、負けたら終わりの準決勝の同点の場面で登板させるなんて、

頭おかしいんじゃないの?

他にも上原をはじめ、ピッチャーはいっぱいいるのに。
岩瀬は悪くないですよ(←戦犯ではないという意味)。
使った

監督の責任

としかいいようがありません。

あー、アホくさ!!


posted by エル99 at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

星野ジャパン、予選4位通過で準決勝へ

昨日のアメリカ戦で星野ジャパンは敗れ、予選は4位通過となりました。
その昨日の試合は延長戦にもつれ込む競った展開だったのですが、ぜんぜんハラハラドキドキしなかったのはたぶん私だけじゃなかったと思います。
なぜなら昨日の時点で日本もアメリカも準決勝進出は決まっていたし、勝ったほうが準決勝でキューバ、負けたほうが韓国なら、韓国には申し訳ないけど無理して勝たなくてもいいやとやっぱり思っちゃいますからね。
そんなワケで首尾よく?昨日も敗北した星野ジャパンですが、いくら準決勝進出とはいえ、予選4位通過というのは、星野監督には大いに恥じていただきたいですね!
ペナントレース中に各球団に協力してもらって4勝3敗?

ふざけんじゃねーよっ!!

私がプロ野球のどこかのチームのオーナーだったら、まず間違いなくこう言うでしょう。
でも名誉挽回のチャンスはまだ残されています。
準決勝と決勝に勝って金メダルをとれば、すべてはチャラですから。

準決勝は予選絶好調だった韓国。
かたや予選をヨレヨレで通過した日本。
なんか3年前のWBCと状況がものすごく似ているような気が…
あのときも予選はボロボロだったのに、準決勝で韓国、決勝でキューバを圧倒して見事優勝しました。
星野ジャパンもあのWBCをぜひとも再現してもらいたいものです!

一応最後にひとこと。
ペナントレースじゃないんだから、不調の選手を使い続けるのはやめてほしい!
具体的には村田・森野・岩瀬の3人!!
星野サンもそこまで馬鹿じゃないとは思いますが、それでも村田をスタメンで使いそうな気もして心配だったりします(^_^;)
posted by エル99 at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

星野ジャパン、韓国に敗北

がっかりですもうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)

試合が終わってからなにを言っても結果論になってしまいますが、それでも私は言いたい!!

采配に疑問です!!ちっ(怒った顔)ちっ(怒った顔)ちっ(怒った顔)

新井の2ランで先制した直後に、和田が四球をだしたシーン。
あれは普通あそこで交代でしょう。
「なんで代えないんだよ?」ってテレビの前で叫んじゃいました。
その結果、同点2ランを打たれる始末。

ありえねぇ〜むかっ(怒り)むかっ(怒り)むかっ(怒り)

星野さん、ペナントレースの試合をやってるんじゃないんだよ??
絶対負けちゃいけない試合なんだし、良い投手もいっぱい控えているんだから、何をやっているのかという感じです。
点はとられなかったものの、その後の和田続投もさらにありえない采配でした。
岩瀬が最後に決勝点をとられたのは、最善の策をうった結果ですから仕方ない(その後のエラー連発は除く)と思いますが、あの同点2ランは防げる失点だよなぁってホントに思います。
悔しくて目がさえてきちゃったよ、まったく!!

最後にもう一回言っとこう↓↓↓

星野さん、ペナントレースの試合をやってるんじゃないんだよ??むかっ(怒り)むかっ(怒り)むかっ(怒り)


posted by エル99 at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

伊達さん、すごい!!

テニスの伊達公子選手が復帰初戦のトーナメントで第一シード(日本ランク3位、世界ランク80位)の中村藍子選手に勝って、準決勝進出を決めました。
10年以上のブランクがあるのに、伊達さん、

すごすぎます!!

私はテニスはできないけど、伊達さんが現役バリバリのころテニスを観るのが大好きで、夜中までウィンブルドンとか興奮してみていたのを思い出しました。
昔から応援していた選手だったのですが、以前はあまり見ることのなかった笑顔を復帰後は見せてくれて、ますます応援したくなっちゃいます
ほぼ同世代ですしね(^^)

always smile

今日も頑張って♪
posted by エル99 at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

早稲田ラグビー優勝♪♪♪

1日遅れになってしまいましたが・・・(汗)
早稲田大学ラグビー蹴球部「権丈組」が見事大学選手権で優勝しました!!

素晴らしいです!!

大本命と言われていましたが、そのとおりの結果を出すということは本当にたいへんなことです。
手前味噌になりますが、私も昨年の社労士試験において、模試でどんなに高得点を連発して周りから「大丈夫だよ」と言われても、本番ではものすごいプレッシャーがありましたから。
早稲田は、準決勝の帝京戦と今日の慶応戦、ともに秋に楽勝した相手なのに今回は大苦戦。
昨年の大学選手権決勝で関東学院相手に敗れてからこの日だけを目標にやってきたのですから、きっと私の社労士試験など比較にならないほどのプレッシャーもあったのでしょう。
それだけに1年間の努力を本番で発揮できた喜びは本当に格別のものだったと思います。

権丈組、ホントにおめでとう!!

さて、実は昨日(12日)は簿記の講義に出ていて、その後も外せない用事があったものですから、試合はDVDに録画して夜に観戦しました。
暇があると携帯をいじくっている私も、この時は結果が耳に入ってこないよう細心の注意を払って帰宅しましたのですが、最後の最後にミスを犯してしまいました。
DVDを観るためにはまずテレビのスイッチを入れないといけないのですが、なんとそこで画面にいきなり「早稲田優勝」とか出てきたのです。

エェェェェェェ!!!

それは午後7時20分すぎだったのですが、この時間はNHKのニュースのスポーツコーナーで、たまたま大学ラグビーを報じていたときだったのですたらーっ(汗)
前回最後に見たチャンネルがNHKだったから、テレビのスイッチを入れたらNHKが映ったわけですが、めったにNHKなんて見ていないのに、なんでこういうときに限ってNHKなんだよぉ・・・もうやだ〜(悲しい顔)
速攻で消したので、点差とかは分からなかったけど、早稲田が勝ったということだけは試合の録画を観る前から分かってしまいました。
早稲田優勝でものすごく嬉しいのですが、しかしねぇ・・・
しかも試合は、前半圧倒的に攻めながら慶応が粘ってW7−3K。
秋に40−0で完封した相手にわずか4点差ですよ。
結果を知っていなかったらもうドキドキもんだったと思うのですが、超冷静に試合を観れてしまいましたたらーっ(汗)
それにしても、やっぱり畠山と五郎丸ですね〜
来年は彼らが卒業してしまうので、少し不安ですね。
3番には橋本がまわって、フッカーはおそらく有田でしょう。
もちろん1番は瀧澤が健在ですから、前3人は安定すると思いますが、五郎丸の後釜のFBはどうするんだろう?
帝京戦の中浜を見るかぎりでは、やっぱり中浜はウイングでFBは厳しい気が・・・
いや、まだ日本選手権もあるし権丈組のシーズンは終わっていないのだから、来年の話はまだ早いですねあせあせ(飛び散る汗)
社会人の壁は高すぎですが、公式HPで2年前に佐々木組がトヨタを破ったときの記事を読み返して、あのときの興奮を思い出してきました。
佐々木組は別格ですし、通常の学生チームでは厳しいとは思いますけど、それでもちょっとくらい夢をみるのは自由ですからねるんるん
posted by エル99 at 17:10| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

早慶ラグビー

昨日は楽しみにしていた早慶ラグビーの日でした。
本来ならこういう一大イベントの記事は当日にアップしなければいけないんですけど、なぜか最近私もなにかと忙しいんですよ・・・
とイイワケをしつつ本題に戻りますが、超久しぶりのラグビー観戦に年甲斐もなく1週間くらい前からワクワクしてこの日が待ち遠しかった私でございます。
試合のチケットを買ったときなんか、もう嬉しくて嬉しくて。

なんか小学生みたい(笑)

試合は私の大好きな五郎丸くんが大活躍して、早稲田の一方的なペースで進みました。
一進一退の攻防も面白いですけど、昨日のように「慶応」を一方的にボコボコにするのも最高に気持ちいいんですよね〜
ちなみに私は「S」ではありませんよ〜(爆)
隣に座っていた人は慶応ファンで、通常の応援旗(500円)ではなく、なんと700円もする(笑)ジャンボサイズの慶応の応援旗を持参して子どもとともに「山田ぁ〜」とか叫びながら応援していました。
しかし、残念ながら慶応は0点負けで、彼が応援旗を振る機会は一度も訪れず、親子は寂しげに帰っていきました(笑)
「ざまあみろ」などと思いながら、さすがにちょっとかわいそうだったかも・・・
もともと前評判でも早稲田が圧倒的に有利でしたから、こういう結果も予想できたのですが、それでも観に行って応援してしまう気持ちは分かるんですよね。
私が学生だったときは、まず明治に勝てないと思いつつもそれでも一生懸命応援して、敗北を見届けて寂しく帰りましたから。
そんなわけですから、慶応ファンの親子も気を落とさず精一杯生きてください(爆)
ということで、

「覇者」の余裕

でした♪
来週はいよいよ早明戦。
はやくもまたワクワクしてきています(笑)
posted by エル99 at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月30日

再び早慶戦

1勝1敗になったので、今日も早慶戦が開催されました。
ということで、急遽会社は午後半休にしてしまい、神宮球場へ。
最近仕事の優先順位が急落している気もしますが、まぁいいか(笑)

試合はハンカチ王子こと斎藤佑樹投手がなんと15奪三振の快投で完封勝ち&祝優勝♪
打線は打ったことには打ったものの、相変わらずの拙攻でストレスがたまりましたが、今日くらいは許します(笑)
斎藤くんはホントにすごいなあって思いました。
少なくとも斎藤くんが引退するまで早稲田は黄金時代を築きそうな感じがします。

いやぁ、それにしても今日は楽しかったです。
年休はまさにこのように使うのが理想ですね。
そう、仕事も勉強もやるべきことをやらなければいけない時期までにこなせばいいのです!!
と、自分を正当化しておくことにしま〜す(爆)
posted by エル99 at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

ポカポカ陽気と寒い打線

今日は暖かかったですね〜
神宮球場に早慶戦を観にいってきたのですが、Tシャツ1枚で観戦していました。
それでも暑かったくらいです。
早慶戦ですからけっこうな観客数でしたけど、ハンカチ王子人気もだいぶおさまってきたみたいで、春のようなアホみたいな混みかたではありませんでした。
春は受験生でしたから観にいけませんでしたけど、春の佑ちゃんフィーバーでは観戦するにも一苦労のようでしたから、人気がおさまってきたことは私にとってはありがたいです(^^;)
しかし、気温は暖かいのに早稲田の打線は寒すぎでした。
好投が報われない佑ちゃんがかわいそう・・・
posted by エル99 at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

巨人ねぇ・・・

>かりんとうさん

んー、巨人は昔から好きじゃないんですよ、すみませんm(__)m
なんか、今オフにはヤクルトのラミレスを狙っているという話ですし、そうなると

2.谷(元オリックス)
3.小笠原(元日本ハム)
4.ラミレス(元ヤクルト)
5.李(元ロッテ)

って、いったいどこの球団の打線だよ???(笑)
生え抜きで頑張っていながら外圧?と戦っている清水なんかは応援したくなりますけどね〜
posted by エル99 at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

ラグビー早明戦A

続きです。

で、明治の選手のなにが不愉快だったかっていうと、勝負への執念がまったく感じられないということです。
別に私は、体育会系の根性論者じゃぜんぜんありません。
そんな私(しかも早稲田側の人間ですよ?)ですら、不愉快に思ったんだから、気合の入った明治のOBの方たちは相当苦々しい気持ちだったのではないかと思います。
その見苦しかった象徴が、WTBの濱島ですね。
後半、22−0と大差をつけられている場面で、たまたま曽我部のパスをインターセプトして独走。
独走トライはいいけれど、なんとコイツは

ボールにキス

してトライしやがった!!
大差で負けてるの分かってるの??
ひたむきさがまったく感じられません。
さらに終了近くに明治が中央付近にトライを決めてゴールを狙うときも、コイツはゆっくり時間をかけて蹴りやがった!
素人が蹴っても入る位置なんだから、速攻で蹴って一秒でも早く試合を再開させたいって思わないの?
たしかに大差がついていて、どんなに早くプレイ再開したって追いつくのは不可能でした。
でも、そんなの関係なく必死になるのが「勝負への執念」なんじゃないの?
さらに、大差で負けたくせに多くの明治の選手は笑顔で早稲田の選手と握手していました。

笑顔でいていいのは早稲田の選手だけです!!

明治の選手は泣いて悔しがれよ!!

私が学生だったころの早明戦では、早稲田のほうが弱かったのですが、負けた選手は本当に悔しがっていました。
私たちファンも、次こそは勝ってくれるはず!と選手に熱い思いを寄せることができていました。
いまの明治とはまったく違います。

昨年の清宮監督に続いて、今年は私が苦言を呈させていただきました(笑)
ライバルが頑張ってくれないとイマイチ盛り上がりに欠けるんですよね。
posted by エル99 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

ラグビー早明戦@

試合の日から3日も経ってしまいましたが、ラグビーの早明戦が先日の日曜日に行われました。
私が現役の学生の頃から、早明戦は私の中で相当の位置にあるビッグイベントです。
しかし、最近はたしかに早稲田が強すぎるのもありますが、明治がふがいなさすぎて、昔ほど燃えませんね。
昨年清宮監督が早稲田快勝にもかかわらず、大学ラグビーの発展のために明治に苦言を呈していらしたのに、ものすごく共感したものです。

今年は清宮監督がいなくなって、早稲田は昨年より少し強さを感じなくなったのと、明治が昨年よりはヤルという前評判だったので、少しだけですけど心配していました。
今年は、なんと!私は日曜日に予備校のため生で観られませんもうやだ〜(悲しい顔)
ですから、ビデオに録画し、とにかく予備校でラグビー情報を耳にしないように気をつけながら、夜帰宅して観戦です!
で、試合は早稲田がやっぱり圧倒的に強かった♪

ひとり曽我部が駄目駄目

でしたけど、やっぱり

矢富や五郎丸はスゴイなぁ

たしかに昨年ほどは強くないかもしれないけれど、今年も大学日本一はいけそうな気がします。
慶応戦で前半リードされていたときは、中竹監督の手腕に疑問を正直もちましたけど、今日の試合はよかったです。
今年のチームを昨年のチームと比べたらかわいそうなように、中竹監督も清宮監督と比べちゃさすがにかわいそうですよね、うん。

私は、早稲田の快勝で非常に嬉しかったのですが、その反面、明治の選手には非常に不満を抱きました。

では、今日はこのへんで。
続きは明日以降ね(笑)
posted by エル99 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

ディープインパクト、一応リベンジ?

今日競馬のジャパンカップがありました。
私は日曜日は予備校なので観れなかったのですが、なんかあのディープインパクトが勝ったみたいですね。
最近競馬熱が完全に冷めてしまった私ですが、ディープインパクトに関しては興味津々でレースを見てきました。
凱旋門賞なんてその日が来るのが楽しみでたまらなかったほどです。
それなのに、今回は

あ、今日走るんだ?

という程度の関心しかありませんでした。
この急激な冷めっぷり、原因はみんなわかると思うけど、凱旋門賞の後のあの

ドーピング事件

です。
あれ、故意なのかアクシデントなのかはわからないですけれど、強烈な

イメージダウン

になったのは間違いないですよね。
真相はわからないけれど、今までの圧勝劇も薬によるものなのでは?との疑念は多くのファンの心に棲みついてしまいました。
その後のJRAの対応も問題ですよね。
なんで「国内の出走には問題ない」の?
それはディープがJRAの看板馬だからなんでしょ?
人気のあるディープが出走停止処分になったらJRAが困っちゃいますもんね。
他の馬だったらもっと詳細に原因を追究して、それが明らかになるまで出走停止だと思うんですよ。
それが、池江調教師の一方的な説明を鵜呑みにして終わりですからね。
明らかに

疑惑のイメージ増幅

にJRAは一役買ったって感じです。
もちろんディープインパクト自身にはなんの責任もありません。
でも、JRAと池江調教師は責任は重大です。
この責任をうやむやにしたまま終わらせようという魂胆でしょうが、それでいいんでしょうかね?
少なくとも私はディープインパクトに対する興味が急激に冷めてしまいましたし、私のような人もおそらく数多くいるんだと思います。
そもそも売上も落ちてきているのに、JRAのやり方は自殺行為だと思うのは私だけ?byだいたひかる(笑)
posted by エル99 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

ラグビー早慶戦

今日は私の大好きな早稲田ラグビーが慶応と激突しました。
正直、今年は昨年より安心してみることができません。
トップリーグを倒した昨年と比べるのはかわいそうといえばその通りなんですけど、昨年の多くの主力メンバーはまだ残っているのにどうしちゃったんですかね?
やっぱり

清宮監督が素晴らしすぎた

ということなんでしょうね。
サントリーも今年いきなり強くなっちゃいましたし。
中竹監督が駄目なわけではないと思うんだけど、清宮監督のあとだから正直かわいそうな気もします。

で、今日の慶応戦なんですが、前半ははっきりいって慶応ペースでした。
最初の早稲田のトライはチャージしたボールをトライに結びつけたものでラッキーな感じだったのに対し、慶応のトライは早稲田のディフェンスを崩して取られた感じでした。
さらに前半終了間際の慶応のトライ。
ああいうところで粘るのが早稲田なのに、あっさり取られた感じで、

どうした?早稲田!!

と言いたくなるようなシーンでした。
結局、前半は8−14で慶応リードで終わり、早稲田は負けてしまうのではないかと心配になりました。
ここ数年、学生相手の試合は早稲田が勝つのがわかりきっていましたので、勝ち負けをドキドキしながら試合を観るのはトップリーグに挑戦するときしかありませんでした。
そのドキドキ感をまさか早慶戦で味わうことになるとは!!
面白いのですけれど、やっぱり安心して観れるほうがいいですね(^^)
試合は、後半開始直後に今村がトライして逆転。
これが大きかったと思います。
リードされたまま時間が進んでいったら、焦りも出てきただろうし、試合もわからなかったかもしれません。
結局、今村や五郎丸の個人技であげたトライなどで

41−26

で勝つことができましたが、終盤には慶応にモールでトライを奪われるなど、不安要素には事欠きません。
いまは清宮監督の遺産で勝っているだけのような気がしてなりません。
早稲田が強いチームでいられるのも来年くらいまでなのかなぁ、とネガティヴな想像をしてしまうような、そんな試合でした・・・
来年は今村も曽我部も矢富もいなくなっちゃうんですよ?
ホント、どうなっちゃうんだろう??
今村、留年してくれないかなぁ(笑)

それよりも、今年も大学日本一を勝ち取れるのか???
こっちのほうが差し迫った心配ですね。

ガンバレ!ワセダ!!
posted by エル99 at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

入団拒否するのは勝手だけど…

巨人入りを熱望していたのに、ドラフトで日本ハムに指名された長野(ちょうの)っていう日大の選手。
なんか日本ハムのことを「一番嫌いな球団」とか言って、拒否する構えらしい。
日大の監督も「あれほど巨人に行きたいと言っていたのになぜ指名するのか」などと日本ハムを批判しています。

こいつらアホですか?

巨人を希望するのは自由だし、日本ハム入りを拒否するのもこいつの自由。
だけど、ドラフトというルールに則って指名した日本ハムがなぜ批判されなきゃならないの?
そんなに巨人に行きたかったら、希望枠で指名されるほどの選手になればよかったんじゃないの?
そうすれば他球団はなにもできず、こいつは巨人に行けたんだけど、残念ながら巨人に希望枠を使ってまで獲得したいと思わせるほどの実力がこいつにはなかったということなんです。
今のルールでは、希望枠以外の選手はどの球団も指名するチャンスがあるわけです。
それなのに、こいつはなにを寝言いってるんですかね?
しかも、巨人がこいつを3巡目指名していたら獲得できていたわけなんですよ。
だけど、巨人は3巡目ですらこいつを指名しなかったのです。
巨人に入れなかったのは、日本ハムのせいじゃなくて、ただ単にこいつの

実力不足

でしょ?
自分の実力不足をたなにあげて、ホントに

アホかっ!!

って感じです。
私はヤクルトファンですから、日本ハムはどうでもいいのですが、この件に関しては日本ハムを断固支持します。
こんなヤツ、日本ハムから願い下げしてもらいたいんですけどね!
こいつが野球選手として大成しないことを、いち野球ファンとして切に願います(笑)

posted by エル99 at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

ディープインパクト残念!!

日本中が注目していた競馬の凱旋門賞ですが、ディープインパクトは残念ながら3着に終わりました。
私は、以前は大の競馬ファンで毎週馬券を買っていたのですが、ある日、急に冷めてしまって、馬券をほとんど買わなくなりました。
馬券を買っていたのはテイエムオペラオーのころまでです。
ミホノブルボンやメジロマックイーンが大好きで、あのころが私の競馬熱のピークでした。
それぞれ、無敗の三冠、春の天皇賞3連覇をライスシャワーに阻止されたときは、自分のことのように悔しかったのを覚えています。
そのライスシャワーが低迷したのち、春の天皇賞で奇跡の復活を果たし、そのあと宝塚記念で骨折安楽死となったときには、憎き天敵だったライスシャワーの復活に喜び、そして悲劇に涙しました。
いま思うと、競馬、楽しかったなぁ・・・
なんで冷めちゃったんでしょうね?
理由は自分でもぜんぜん分からないのですが、ホント急に興味がなくなってしまったんですね。

競馬に冷めてしまったそんな私ですが、今回のディープインパクトだけはものすごく注目していました。
やっぱり

ニッポン代表

で世界に挑むという感覚があったからなんでしょうね。
私は

ニッポン大好き人間

ですから。
サッカーとかでJリーグにはまったく興味を示さないのに、代表の試合、とくに親善試合ではない公式戦には異常に燃えるのと同じなのかな、なんて思っています。
しかも、あのミホノブルボンですら為し得なかった無敗の三冠をいとも簡単に成し遂げた馬ですから、世界に通用すると思ってましたからねぇ(^^)
期待度でいえば、ディープインパクトはジーコジャパンではなく王ジャパンのような感じでした。
ジーコジャパンがワールドカップの1次リーグで敗退したときはたしかに残念でしたが実力的に仕方ない気もしましたが、今回のディープの敗戦はジーコジャパンのそれとはまったく感じ方が違いました。

ホントに残念!!

悔しい!!

素人の目からみて悔やまれるのは、ディープが先行策をとったことです。
後方からのまくり、直線一気がディープのスタイルなだけに、なんで武豊は先行しちゃったんですかね?
もちろん武騎手はニッポンでNO.1の騎手ってことは知ってますし、ですからそれなりに考えがあっての先行策だとは思いますが、それでも負けるのならいつものディープのスタイルを貫き通して負けてほしかったなぁ・・・
それだったら諦めもつくのに、あのレースでは期待していた気持ちが消化不良で、約24時間たった今でもなんかモヤモヤ感が消えてくれません。
こんな風に感じているのは私だけ?(←今日もだいたひかる風に締めてみました♪笑)

posted by エル99 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

祝♪増渕投手ヤクルト入りほぼ確実

今までブログで触れた記憶はないのですけれど、私は物心ついたときからヤクルトスワローズのファンです。
子どものころは若松のユニフォームのパジャマを着て寝てました(笑)
今季は古田選手兼任監督の誕生で、かなり期待していたのですがどうやら3位に終わりそうでガッカリです。
古田自身も選手としてはほとんど出場しなかったし、ケガとかもあるみたいだけどやっぱり遠慮しちゃうんですかね?
たしかに世代交代=若手を育てることも大事だけれど、兼任監督なんてめったにない出来事なんだから、ファンとしてはたくさん出場してもらいたかったっていうのが正直なところです。

しかし、ヤクルトはなんで勝てないんでしょうね?
打線はセリーグ随一だと思いますし、ピッチャーだってそんなに悪くはないと思うんですよ。
石井一久、藤井、石川、川島、ガトームソン、ゴンザレス・・・
たしかに先発では川島、抑えでは石井弘寿の故障で計算は狂いましたが、それでも中日と戦力にそんなに差があるようには思えないのは私だけ?
一応、3位でAクラスですけど、昔と違ってもうこの程度じゃ満足できないようになってしまいました(笑)
しかもあの

クソ弱い巨人に5勝14敗

とは何事だ!!(怒)
古田監督には猛省を促したいですね。

来季は岩村もメジャーに行きそうで戦力的に厳しくなりそうです。
そういえば昨年の自由枠で獲った早稲田の武内はどうしたんだろ?
岩村が抜けたあとはコイツだと思って期待していたのに・・・
早稲田とは関係なく子どものころからヤクルトファンだった私ですが、最近ヤクルトは早稲田の選手をよく獲得するんですよね。
藤井、青木、田中、武内、他に誰かいたっけ??(笑)
まぁ、好きな球団に早稲田が集まるということは、愛校心の強い私にとっては非常に喜ばしいことです。
4年後、ひょっとしたらハンカチ王子もヤクルト入りな気がしないでもないです。

すこし話がそれましたが、そんな感じで来季少し厳しそうなヤクルトですが、今日の高校生ドラフトで、なんと!!

増渕竜義投手

を抽選で引き当てました!!
駒大苫小牧の田中投手が注目されていましたが、通な人の話では今年の高校生でピカイチの即戦力投手は、この増渕投手らしいのです。
実際見たことないんですけど、否が応でも期待しちゃいますよね(^^)
すぐにローテーション入りして、西武の涌井や日ハムのダルビッシュのような活躍が期待できるそうです♪
甲子園に出たこともないのに、プロからこれだけ注目されるっていうのはやっぱりホンモノなんでしょうねぴかぴか(新しい)
シーズンはさっぱりだった古田監督ですが、増渕を引き当てたことで汚名をちょっとだけ返上できたかな。
これが今季最大の古田監督の見せ場だったというのも、ちょっとなんだかなぁって感じもしますけど、まっいいか(笑)
posted by エル99 at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

ワセダ、関東学院に雪辱♪

今日はワセダラグビーファンにとっては一大イベント、関東学院大学との夏の定期戦がありました。
とはいえ、両校が夏合宿をおこなっている菅平で試合してますから、見にいけるわけもないし、公式戦でもないからテレビ中継も当然ながらあるわけありません。
そもそも、社労士本試験があと1週間に迫った私は、図書館にこもって朝から真面目にお勉強してたので、テレビ中継があったとしてもどうせ見れなかったわけですが・・・

ただ、当然気になっていたので、帰宅後すぐにネットで結果を確認しました。
すると、なんと!

ワセダ快勝!!

15−5で関東学院を下したようです。
実は、かなり心配していました。
たぶんワセダラグビーファンはみんな同じ思いだったのではないでしょうか。
昨シーズンまで5年間ワセダを指導してついに社会人まで倒した清宮監督が勇退し、中竹新監督を迎えての今シーズン。
ワセダは今までどおりの強さを保てるのか非常に不安でした。
その不安が的中して、春の関東学院との定期戦で3−20で敗北・・・
さらに慶応にも負けて、もうありえなかったですね。
ベストメンバーではなかったかもしれないけど、それでも昨年のメンバーもたくさん残っているのに、なぜ負ける?

やっぱり清宮監督じゃなきゃダメなのか?

なんて正直思っちゃったりしました。
そんな中で迎えた夏の定期戦。
過去5年は春に勝ったチームが夏も勝ち、公式戦も勝ち、日本一になってます。
残念だけどおそらく負けるだろうという悲観的な予想をしつつ、今日負けたらもう今年はダメだなぐらいに思っていました。
それが快勝ですよ、いやぁうれしいですねぇわーい(嬉しい顔)
ハゲの矢富くんが2トライもしたらしいです。
だいたい矢富だけでなく、今村や五郎丸も健在なんだから、今まで負けてたほうがおかしいんですよね。
秋に慶応をコテンパンにやっつけて、冬に関東を返り討ち♪

楽しみですねぇ♪

悲観的な予想をしてたくせに、快勝したらコロっと変わるいいかげんな私です。
でも単なるファンだから、別に

これでいいのだ(バカボンのパパ風)
posted by エル99 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。